2018年沖縄県知事選挙 玉城デニー 出馬表明を先送り 出馬するの??

沖縄県知事選挙 玉城デニー 翁長 指名 固辞 出馬この記事は
1 翁長雄志沖縄県知事死去 膵臓がん 辺野古問題混迷か? 県知事選挙は9月か? 
2 前翁長沖縄県知事が生前に後継者を指名していた! しかし 思い引き引き継がず?【呉屋守将 玉城デニー】 追記有り  
3 2018年 沖縄県知事選挙 翁長知事の遺志継ぎ 弔い合戦のはずが、オール沖縄崩壊か? 遺言?捏造の疑いも? 
の続編的記事です

 

 

 

 

玉城氏、出馬の意向 沖縄県知事選 佐喜真氏と一騎打ちへ
2018年8月21日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-786334.html

9月30日投開票の沖縄県知事選に向け、県政与党が擁立する方針を固めた玉城デニー衆院議員(58)は20日、本紙に対して、選挙戦に必要な資金や人員などの具体的な条件が整えば「立候補に踏み切る」と述べ、出馬の意向を示した

ほぼ出馬のようだったが、、


琉球新報
玉城デニー氏、小沢代表と面談 知事選 出馬前提に後継議論
2018年8月22日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-787376.html

玉城氏は小沢代表との面談後、(略)、現時点で「フラットだ」と述べるにとどめた。玉城氏は後援会幹部との会合終了後、記者団に「いただいた意見も踏まえて慎重に検討していきたい。まとまったら皆さんにご報告できると思う」と述べた。


産経
玉城デニー氏、出馬表明先送り
2018.8.22
https://www.sankei.com/politics/news/180822/plt1808220007-n1.html

9月30日投開票の沖縄県知事選に立候補する意向を示している自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)は22日、那覇市内で記者団に「まだ、もうちょっといろいろ相談しながら考えないといけない」と述べ、出馬表明を先送りする考えを明らかにした。玉城氏は当初、22日までに最終判断する方針だった。

先送りした理由について、玉城氏は「確認したり、調整したりしないといけないことがある」とだけ述べた。21日に会談した自由党の小沢一郎代表から「期日にこだわらず、しっかり考えてほしい」と伝えられたことも明かした。

関係者によると、8日に死去した翁長雄志(おなが・たけし)知事の支持母体「オール沖縄」に参加する共産党や社民党、労組などでつくる「調整会議」は21日、玉城氏に正式な出馬要請を行う予定だったが、玉城氏側の要請で見送ったという。


沖縄タイムス
玉城氏、沖縄県知事選出馬の結論は持ち越し 後援会や小沢氏と協議
8月22日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/302276

玉城氏は、沖縄市内で後援会を集め「慎重に時間をかけて環境整備をしたい」と説明した。調整会議は近く正式に出馬を要請し、玉城氏は週明けにも表明する見通し


QAB
玉城デニーさん明日以降にも受諾の方針
8月22日 18時29分

県知事選挙をめぐり県政与党の側から名前が挙がっている衆議院議員の玉城デニーさんは、8月23日以降にも与党側へ受諾の意思を伝える方針です。

出馬する可能性が高そうだが、、まだ未定。
受諾を確定的に報じるのは QAB(琉球朝日放送)のみ、

スポンサーリンク

玉城デニー氏出馬の条件とは

玉城氏は条件が整えば出馬する可能性がある。沖縄県政界関係者が明らかにした。

条件とは
1.「翁長知事の時と同じ選挙態勢」
→ 社民、共産、自由、保守の一部などからなる「オール沖縄」による選挙支援体制の確立
→「選対本部長を誰にするのかなど選挙の支援体制」
→玉城氏の要望は 呉屋守将氏を選対本部長に!
*かりゆしグループ脱退の為 完全な「翁長知事の時と同じ選挙態勢」は無理。である

2,選挙資金の負担

スポンサーリンク