ソニーの新しいα6000シリーズは α6700ではなくて mini α9なのか? 情報錯綜

ソニー α6000 α6700  α9 newsなかなか面白い情報です
(SR4) UPDATED: The new “mini A9” will displayed at “Photokina or PhotoPlus” and probably NOT be named A6700!
https://www.sonyalpharumors.com/sr4-the-new-mini-a9-and-will-displayed-at-photokina-probably-a6700/

A trusted source told me that Sony will announce this at Photokina (UPDATE: He now corrected it to “Photokina or PhotoPlus”):
All I know is rumor is mini A9 is coming
This will be a new APS-C E-mount camera and what the source also told me is that:
this camera might NOT be named A6700
This info matters because this camera might be different from the previous A6xxx models and not an A6500 successor!

信頼できる情報源からソニーがフォトキナでコレを発表すると教えてもらった。

”手持ちの噂情報ではmini α9が登場する”

これは新しいAPS-C Eマウントとなるだろう。
情報源は”α6700と言う名前ではないかもしれない”と教えてくれた。
このカメラは従来のα6xxxシリーズとは異なる可能性があり、α7xxxシリーズになるモデル名かもしれない。
これは重要な情報であり、ボディデザインが変更するかもしれないことを示唆している。

今のところの情報は以下の通りだ。
α6xxx、もしくはα7xxx APS-C Eマウントがフォトキナで発表される

 

α6500の発売からそろそろ 新しいAPS-Cが登場しても良いのだが、、
しかし APS-C機とフルサイズ機の適切な価格差(性能差も考慮)ってどれくらいなんだろう??
α7 IIシリーズが値ごろ感が出てきたし 新APS-C機(α6700? miniα9? α6800?)の価格設定が難しいだろうな。

小型で軽量なAPS-C機を求める層は確実にいるので、、miniα9=big 6500 なら残念だ!

ただし
コスパの良いα9スタイルっぽいのカメラが登場するのを楽しみにしています。
おそらく高感度な機種になるのだろう?想像します
ニコンがフルサイズミラーレスに参入してきたが これで突き放すか?
マウント径の小さなEマウントはAPS-Cではかなり有利だし(笑)

ソニーα6500(ILCE-6500)
(2016年12月2日発売) – α6300の後継かつ上位機種
EマウントのAPS-Cセンサー搭載機で初めてボディ内蔵手ブレ防止機能
最高連写速度はHI+モードで11コマ/秒。
4D FOCUSを司る世界最多の425点位相差AFセンサー及びコントラストAFセンサーを画面のほぼ全域に配置し、世界最速0.05秒のAF速度を実現した。
液晶パネルは6000系統で初めてタッチパネル搭載。
ソニーα9(ILCE-9)
(2017年5月26日発売)
α7II比で20倍以上に高速化した2420万画素積層型CMOSセンサー「Exmor RS」とBIONZ Xの組み合わせにより、無音・無振動で最高1/32000秒の電子式アンチディストーションシャッターを実現した。
全面位相差センサーは693点
バッテリーは従来比で約2.2倍の容量を搭載した新タイプ「NP-FZ100」
ファインダーはT*コーティングを施したQuad-VGA OLED Tru-Finder
光学式5軸手ブレ補正機構をボディ内に搭載しており、フルサイズ機では初めて「4D FOCUS」に対応。
スポンサーリンク