2018年 沖縄県知事選挙の基本情報-告示までの流れ

スポンサーリンク

告示日 執行日 投票日

告示日:2018年(平成30年)9月13日
執行日:2018年(平成30年)9月30日

執行日 投票日に関する流れ
2018年6月22日
沖縄県選挙管理委員会
翁長雄志の2018年12月9日の任期満了に伴い「2018年11月1日告示・11月18日の投開票」と発表。
2018年9月12日
任期満了前の8月8日に翁長が死去したため、公職選挙法の規定に従い職務代理者である謝花喜一郎副知事が県選挙管理委員会に死去を通知
2018年8月13日
県選挙管理委員会は知事選の日程を「9月13日告示・30日投開票」と決定。

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が急逝したことを受け、県選挙管理委員会は13日、臨時会議を開き、知事選の日程を9月13日告示、30日投開票と決めた。知事選の日程は11月18日投開票と決まっていたが、前倒しされた。各政党などは準備を加速させている。

沖縄知事選、9月30日投開票 翁長知事死去で前倒し
https://www.asahi.com/articles/ASL8F3K6GL8FTPOB001.html

立候補を表明した人物

表明順

佐喜真淳 – 宜野湾市長。8月14日出馬表明。自民党・公明党の国政与党が支援。
県政野党である自民党などによる候補者選考委員会は7月5日に佐喜真淳宜野湾市長の擁立を内定。佐喜真は7月30日に出馬要請を承諾した。8月27日日本維新の会も推薦を表明

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長と日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は27日夜、都内で会談し、沖縄県知事選(9月13日告示、30日投開票)をめぐり、自公両党が推薦する前同県宜野湾市長の佐喜真淳氏の勝利へ協力する方針で一致した。

維新も佐喜真淳氏推薦へ
https://www.sankei.com/politics/news/180827/plt1808270031-n1.html

生年月日 1964年8月9日(54歳)
出生地 沖縄県宜野湾市
沖縄県宜野湾市長(第16・17代)、沖縄県議会議員(2期)、宜野湾市議会議員(2期)を務めた。

山口節生 – 不動産鑑定士、政治活動家、実業家。8月24日出馬表明。

生年月日1949年9月26日(68歳)
出生地 佐賀県
不動産鑑定士を務める傍ら、1991年の佐賀県知事選挙への立候補を皮切りに国政選挙などに立候補し続けている。関連記事→ここ

南俊輔 コンサルティング業(元)会社員 8月28日出馬表明

成蹊大学卒業
26歳の時に「世界平和を実現したい」と考え、中野区議選に出馬
公約:北朝鮮などの脅威を念頭に国防強化の必要性や貧困問題の解消など

渡口初美 料理研究家、元那覇市議 8月28日出馬表明 ベーシックインカムの導入。
関連記事→ここ

昭和10月1月15日生
那覇高校卒 東京国際クッキングスクール 教師科卒業
昭和41年、帰郷
国際料理学院を設立して院長となる

玉城デニー– 自由党 衆議院議員沖縄3区 8月29日出馬表明。オール沖縄

自由党幹事長の玉城たまきデニー衆院議員(58)(沖縄3区)は29日、那覇市で記者会見し、翁長おなが雄志たけし知事の死去に伴う沖縄県知事選(9月13日告示、30日投開票)への出馬を正式に表明した。
(略)
翁長氏を支援してきた共産、社民両党などでつくる「調整会議」が、翁長氏の後継として玉城氏に出馬を要請した。玉城氏は記者会見で「翁長知事の遺志を引き継ぎ、『辺野古新基地』建設阻止を貫徹する立場だ」と述べた。玉城氏は無所属で出馬し、共産、社民両党のほか、立憲民主党などからも支援を受ける見通しだ。

沖縄知事選、玉城デニー衆院議員が出馬表明
https://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180829-OYT1T50068.html

元タレント。自由党所属の衆議院議員(4期)、自由党幹事長兼国会対策委員長。元沖縄市議会議員(1期)。本名は玉城 康裕(たまき やすひろ)。
公約「辺野古新基地建設阻止を貫徹する

後藤浩昌(ごとう・ひろまさ) – 行政書士。9月4日出馬表明

1961年生
東京都港区出身。國學院大学大学院修了。新潟県佐渡市在。
2016年10月の新潟県知事選では「普天間飛行場の佐渡市内への誘致」を公約に掲げ出馬し、落選

兼島俊 MCS株式会社  8日出馬表明予定 「若者の政治参加を」

1978年1月生まれ。40歳。
沖縄市出身。陽明高校卒。東京都江戸川区在。

立候補、擁立が噂された人

沖縄県政与党(オール沖縄)
謝花喜一郎(沖縄県副知事) 糸数慶子(参議院議員、沖縄社会大衆党前委員長) 城間幹子(那覇市長 否定) 呉屋守將(金秀グループ会長。固辞) 稲嶺進(前名護市長) 伊波洋一(参議院議員,元宜野湾市長) 富川盛武( 沖縄県副知事) 赤嶺昇(沖縄県議会副議長)

金秀グループ:沖縄県の企業グループ。持株会社の金秀本社(同県那覇市)。 創業当時は鉄工業を営んだが、のちに他社の吸収・合併を繰り返し、総合建設業・小売業・保険代理業・携帯電話販売代理業・リゾート施設の運営など事業を拡大している。金秀本社はラジオ沖縄の筆頭株主(27.63%)

沖縄県政野党(自民系)
古謝景春(前南城市長。断念) 安里繁信(実業家。断念)

立候補者名

佐喜眞淳(さきま・あつし)54
無所属(自由民主党・公明党・日本維新の会・希望の党推薦) 前宜野湾市長

玉城デニー(たまき・でにー)58
無所属(立憲民主党・国民民主党・日本共産党・自由党・社会民主党・沖縄社会大衆党支援)自由党幹事長、前衆議院議員

渡口初美(とぐち・はつみ) 83
無所属 琉球料理研究家、元那覇市議会議員

兼島俊(かねしま・しゅん) 40
無所属 元IT会社社員

スポンサーリンク