2018年 宜野湾市長選 仲西春雅氏を擁立か??

宜野湾市長選に対抗馬擁立へ=辺野古反対派
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082700961&g=pol

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する県議らは27日、宜野湾市長選(9月30日投開票)に県高校PTA連合会前会長で会社役員の仲西春雅氏(57)の擁立を決め、出馬を要請した。仲西氏は「重く受け止める」と応じ、前向きに検討する考えを示した。
 市長選は県知事選と同日に行われる。既に知事選出馬のため市長を辞職した佐喜真淳氏の後継として、副市長の松川正則氏(64)が出馬を表明。自民党県連が松川氏の推薦を決めている。

 
仲西春雅

1961年6月26日生まれ。
浦添市出身で宜野湾市志真志在住
サービス業の会社役員
前沖縄県PTA連合会長
「宜野湾市平和な空を守る条例」制定請願の会の共同代表

赤旗
“学校上空 飛ばすな” PTAと婦人会の連合会 市民大会へ
2017年12月23日(土)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-23/2017122306_04_1.html

沖縄県高等学校PTA連合会の仲西春雅会長や沖縄県婦人連合会の平良菊会長らは22日、県庁で会見し、普天間第二小学校にヘリの窓枠が落下した事故を受け、父母や教育関係者らで「米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会」の開催を呼びかけていくことを発表しました
(略)
会見で仲西会長は「学校、保育園の上空を飛ばないでほしいという市民の声を、目に見える形で集会にしたい」と語りました

教科書に真実を求める講演会・シンポジウム・写真展
2017年 9月 11日
http://chikyuza.net/archives/76418

1.開会挨拶・・・仲西春雅さん(実現させる会世話人、県高P連会長)

スポンサーリンク