オール沖縄 伊波洋一氏 仲井真元県知事の功績を奪い故翁長前知事の功績にする【誤解を与える表現】

スポンサーリンク

オール沖縄 伊波洋一氏 仲井真の功績を奪う

仲井真県政は2300億円まで落ち込んだ。一方、翁長県政は3千億円台


8月27日、内閣府は沖縄関係予算概算要求額を3190億円と決定。自民党県連は政府と太いパイプと言うが、実際には稲嶺・仲井真県政の8年間はおち込み続け2千億円台だった。特に政府に従順な仲井真県政は2300億円まで落ち込んだ。一方、翁長県政は3千億円台。

では 上記画像に 少しコメント書き込みます
沖縄県知事選挙 嘘 デマ 伊波洋一

2013.12.25
①仲井真安倍会談
沖縄振興 毎年度3000億円台 首相きょう知事と会談 政府、異例の上積み
https://www.sankei.com/politics/news/131225/plt1312250032-n1.html

政府は24日、平成33年度まで沖縄振興費を各年度予算で3千億円以上とする振興強化策を決めた。

安倍晋三首相は同日の閣議で「日本のフロントランナーとして21世紀の成長モデルとなるよう、国家戦略として沖縄振興策を積極的に進める必要がある」と閣僚に対策拡充を指示。「沖縄への投資は未来への投資」と強調した。
(略)
閣議決定した26年度予算案の沖縄振興費は、概算要求額から上積みする異例の措置で前年度比15・3%増の3460億円となった。

沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は同日、沖縄振興策について「国家戦略として長期的な視点から推進する決意を示していただいたものと考えており、心から感謝する」とのコメントを発表した。

仲井真が苦渋の選択として「辺野古移設受け入れ」と引き換えに予算3000億円の確約を得た事は、沖縄県民なら誰でも知っている話だが、、左翼は健忘症なのか?

タイムス
翁長知事に最期の別れ 仲井真弘多前知事が告別式参列
2018年8月13日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/298291

仲井真氏はその公約を覆す形で、13年12月、辺野古移設を進めることになる辺野古沿岸の埋め立てを承認。政府から10年間、沖縄関係予算3千億円を確保するとの約束を取り付け「いい正月が迎えられる」と語ったことで、翁長氏は「県民の意地と誇りが傷つけられた」と、仲井真氏とたもとを分かった

左翼やメディアはその時には「金で沖縄を売った!」と仲井真知事を叩きまくりだったが、
沖縄県知事選挙が近ずくに従って、、、いつの間にか「予算3000億円台確保」が翁長県政の功績として捏造している!!!

まぁ 仕方ないか、、
故翁長知事は、辺野古移設反対以外(実際は何も変わらず)は何も無いという事か???

因みに 1994年以降 沖縄の予算が一番少ないのは 民主党政権時代。。。沖縄に厳しいのは 自民党じゃないよ 民主党だよ。
民主党「最低でも県外」→「やっぱり辺野古な」
伊波 洋一(いは よういち)
沖縄県選出の参議院議員(1期)、会派「沖縄の風」幹事長。沖縄県宜野湾市長(2期)、沖縄県議会議員(2期)を歴任。
2015年9月、第24回参議院議員通常選挙にオール沖縄の候補として沖縄県選挙区より立候補する意向を表明。
2016年7月、第24回参議院議員通常選挙において得票率で57.8%の票を獲得して、現職の島尻安伊子を下し、初当選。
スポンサーリンク