【デマ】外交評論家の孫崎享氏を琉球新報が嘘つき認定する【偏向】

孫崎享 琉球新報 デマ 嘘 偏向 沖縄県知事選挙
翁長知事の遺志継ぎ 沖縄知事選は玉城デニー氏が勝利する
2018年9月8日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/237065/2

沖縄県の翁長知事の死去に伴う県知事選(13日告示、30日投開票)は、安倍政権が全面支援し、自民、公明両党が推薦する前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)と、翁長知事を支えてきた「オール沖縄」勢力が支援する自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)の戦いである。
(略)
11月の予定だった知事選挙でも続くとみられていたが、翁長知事の急逝で新たな流れが出てきた。
(略)
県知事選前に政党やメディアが世論調査を行っている。結果は次の通りだ。▽玉城氏が佐喜真氏を10ポイント以上リード(自公調査)▽玉城氏がダブルスコアでリード(全国系リベラル紙)▽玉城氏56・8、佐喜真氏21・3(保守系議員の調査)。もはや、この流れは止まらない。



琉球新報
虚構のダブルスコア 沖縄県知事選、出回る「偽」世論調査
2018年9月8日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-799272.html

13日告示、30日投開票の沖縄県知事選を巡り、主な立候補予定者の支持に関する「世論調査」の情報が複数飛び交っている。調査結果の数字はおおむね傾向が一致し、主な立候補予定者2人のうち、一方の立候補予定者がダブルスコアでもう一方を上回るという結果となっている。その中には「朝日新聞の調査結果」とされる数字も含まれているが、朝日新聞社は本紙の取材に「事実無根。調査していない」と答え、偽(フェイク)情報であることが分かった。このほか「国民民主党の調査」もあるが、同党も調査を否定した。
(略)
「朝日新聞」以外でも、政党が調査したとされる数字で「56・8対21・3」や、「34~35ポイント差がついている」といった情報が出回っている。

琉球新報はゲンダイをフェイクニュースと認定したようだ、、。

『日刊ゲンダイ』(にっかんゲンダイ)
講談社系の出版社である株式会社日刊現代が発行するタブロイド判夕刊紙である。日本新聞協会非加盟。
代表者 寺田俊治
創刊 1975年10月27日
言語 日本語
価格 1部 140円
月極 3,550円
発行数 1,760,000(日本雑誌協会調べ)
孫崎 享(まごさき うける)
1943年(昭和18年)7月19日-)
日本の外交官、評論家。城西国際大学大学院人文科学研究科講師。東アジア共同体研究所理事・所長。
ハーバード大学国際問題研究所研究員、ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学国際総合学類非常勤講師などを歴任した。
2013年4月、鳩山由紀夫が設立した東アジア共同体研究所所長に就任。鳩山由紀夫が顧問を務めるTPP阻止国民会議でも副代表世話人を務める。
スポンサーリンク