新潮社が「新潮45」の休刊を発表 「杉田水脈」 LGBT 

新潮45 2018年10月号

【特別企画】そんなにおかしいか「杉田水脈」論文
◆LGBTと「生産性」の意味/藤岡信勝
◆政治は「生きづらさ」という主観を救えない/小川榮太郎
◆特権ではなく「フェアな社会」を求む/松浦大悟
◆騒動の火付け役「尾辻かな子」の欺瞞/かずと
◆杉田議員を脅威とする「偽リベラル」の反発/八幡和郎
◆寛容さを求める不寛容な人々/KAZUYA
◆「凶悪殺人犯」扱いしたNHKの「人格攻撃」/潮匡人

2018年9月21日
https://www.shinchosha.co.jp/news/20180921.html

「新潮45」2018年10月号特別企画について
 弊社は出版に携わるものとして、言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してまいりました。
 しかし、今回の「新潮45」の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」のある部分に関しては、それらに鑑みても、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました。
 差別やマイノリティの問題は文学でも大きなテーマです。文芸出版社である新潮社122年の歴史はそれらとともに育まれてきたといっても過言ではありません。
 弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です。

株式会社 新潮社
代表取締役社長
佐藤 隆信

2018年9月25日
https://www.shinchosha.co.jp/news/20180925.html

「新潮45」休刊のお知らせ
 弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。
 しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
 会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
 これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
 今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

2018年9月25日
株式会社 新潮社

各社の反応

朝日新聞 
「新潮45」の休刊を発表 杉田水脈氏の寄稿問題で批判
ハフポスト日本版
新潮社が「新潮45」の休刊を発表 「深い反省の思いを込めて決断」
読売
新潮45、休刊へ…部数低迷で「編集上の無理」
毎日
新潮社「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
東京新聞
月刊誌「新潮45」を休刊 LGBT表現で批判受け
産経
「新潮45」休刊に国民民主・玉木雄一郎代表「教訓的な事例
時事通信
「新潮45」休刊へ=LGBT特集で「原稿チェックおろそか」-新潮社

スポンサーリンク