2018年9月30日 沖縄県知事選挙 と同日に行われる沖縄県内の選挙について

平成30年9月30日 に行われる選挙 沖縄県知事選挙 宜野湾市市長選挙 沖縄県議会議員補欠選挙 について

スポンサーリンク

沖縄県知事選挙

立候補者 届け出順
佐喜眞淳(さきま・あつし)
:無所属(自由民主党・公明党・日本維新の会・希望の党推薦)
玉城デニー(たまき・でにー)
:無所属(立憲民主党・国民民主党・日本共産党・自由党・社会民主党・沖縄社会大衆党支援)
渡口初美(とぐち・はつみ):無所属
兼島俊(かねしま・しゅん):無所属

沖縄県知事選:今日から3日攻防 小泉進次郎氏、枝野幸男氏も来県
2018年9月27日

30日投開票の沖縄県知事選挙は27日から最終盤の「三日攻防」に突入する。沖縄県知事選は前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、「オール沖縄」勢力が推す前衆院議員の玉城デニー氏(58)の事実上の一騎打ちとなっている。初日には自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長や立憲民主党の枝野幸男代表も来県する。両候補は26日、多くの有権者の支持拡大を目指し、本島中南部で街宣や集会に参加。台風24号の沖縄地方接近を念頭に早めの期日前投票を呼び掛けた。
(略)
このほか、元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美氏(83)と元会社員の兼島俊氏(40)も立候補している。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/320851

宜野湾市市長選挙

松川正則(まつがわ・まさのり) :1953年9月20日生まれ、市野嵩出身。琉球大短期大学部卒。73年4月に市役所に入庁後、秘書広報係長や市議会事務局長を経て、2012年3月から市副市長。

仲西春雅(なかにし・はるまさ) :1961年6月26日生まれ、浦添市出身。宜野湾市志真志在住。興南高卒。県高校安全振興会理事長。2014年から県高校PTA連合会会長を2期4年間務めた。

宜野湾市長選も「三日攻防」入り 仲西氏と松川氏が舌戦
2018年9月27日

30日投開票の宜野湾市長選は27日から「三日攻防」に入る。無所属新人で県高校PTA連合会前会長の仲西春雅氏(57)=社民、共産、社大、立憲民主、自由、国民民主推薦=と、無所属新人で前副市長の松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=の両陣営は、支持拡大に奔走する。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/320877

沖縄県議会議員補欠選挙

うるま市選挙区(定数1)

伊波 かおり :1978年8月19日生まれ。市石川出身。石川高校、沖縄国際大学商経学部第二部卒業。空港関係や歯科事務などの職を経て、2009年からFMうるまでラジオパーソナリティーを務めている。

山内 スエコ :1958年生まれ、市石川出身。帝京大学卒。94年から旧石川市議やうるま市議を4期務めた。2008年の県議選で初当選。県議を3期目で辞職した。

県議補選 うるま市区に2人立候補
2018年9月21日

伊波氏は自民党県連が擁立した。知事選候補の佐喜真淳氏(54)を支持し、米軍普天間飛行場移設については「普天間の早期返還を望む」として辺野古移設の是非は明らかにしていない。

山内氏は知事選候補の玉城デニー氏(58)を支持する立場で、県政与党が支援する。普天間飛行場移設問題の解決策については「県外、国外移設、無条件の閉鎖、撤去」を訴える。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-806090.html

石垣市選挙区 (定数1)

金城利憲(きんじょう・としのり):1954年12月5日生まれ。石垣市白保(那覇市出身)。東京帝京高校中退。農業生産法人有限会社ゆいまーる牧場創業者・会長。

﨑枝純夫(さきえだ・すみお):1955年2月26日生まれ。石垣市石垣。八重山商工高校卒。元石垣市農業委員(4期)・同委員会会長。2014年9月に市議初当選。

大浜一郎(おおはま・いちろう)氏。1962年3月7日生まれ。石垣市石垣。青山学院大学経済学部卒。㈱石垣エスエスグループ代表取締役社長。八重山経済人会議代表幹事。

金城氏は知事選候補の玉城デニー氏(58)を支持し、県議会与党の会派おきなわが推薦する。普天間飛行場移設問題は「無条件の閉鎖、撤去」を訴える。
﨑枝氏は自身の後援会組織から推される形で出馬を決めた。玉城氏を支持する立場で、普天間飛行場移設問題については「国外移設」を訴えている。
大浜氏は自民党県連に擁立された。知事選候補の佐喜真淳氏(54)を支持し、普天間飛行場移設問題は「司法判断による」と態度を明らかにしていない。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-806099.html

うるま市議会議員選挙

うるま市では、沖縄県知事選挙、沖縄県議会議員補欠選挙、うるま市議会議員選挙の3つの選挙が行われます

おまけ 那覇市長選挙

10月21日投開票 立候補予定者

城間 幹子(しろま・みきこ):1951年1月20日、伊是名村生まれ。宮城教育大卒。中学校教諭として、教頭、校長職を歴任。教育長、副市長を経て、2014年11月に那覇市長に初当選した。

翁長 政俊(おなが・まさとし):1949年7月1日、石垣市生まれ。駒澤大卒。那覇市議を経て、96年に県議に初当選し現在5期目。那覇市収入役のほか、2012~13年自民党県連会長を務めた。

スポンサーリンク