Eマウントレンズ  コシナ・フォクトレンダー 等倍マクロ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」発売へ

ソニーEマウントの等倍マクロ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」が12月7日発売
発売延期していたコシナ・フォクトレンダーのMFレンズ
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1155029.html

株式会社コシナは11月16日、ソニーEマウントレンズ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」を12月7日に発売すると発表した。
8月の発売を予定していたが、生産上の都合で延期となっていた製品。具体的な発売日が決まった。
MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountは、等倍撮影に対応する中望遠マクロレンズ。撮影距離により3つのレンズ群が独立して動くフローティング機構を採用している。ソニーEマウント機と通信する電子接点を持ち、カメラ側の5軸手ブレ補正やレンズ補正も利用できる。希望小売価格は税別14万8,000円

スポンサーリンク

■MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount 特徴

フルサイズのイメージサークルをカバーし、最大影倍率等倍1対1を実現
3群フローティング機構を採用、最短撮影距離から遠方のモチーフまで極めて優秀な画像品

光の3原色を構成するRGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計を採用した等倍マクロレンズ。3群フローティング機構を搭載することで、最短撮影距離から遠方のモチーフまで極めて優秀な画像品質を確保。ポートレイト撮影でも135mmや200mmなどの望遠レンズと比べ“切り取り過ぎない画角”が役立ちます

*APO-LANTHAR(アポランター)とは、フォクトレンダーのレンズの中でも特に高性能な製品に与えられる称号です。アポクロマート設計による傑出した結像性能と描写の美しさから写真家の心を魅了してきた伝説のレンズであるAPO-LANTHAR が誕生したのは1954年。その出自は120年ほど前まで遡れます。

■MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount 主な仕様

マウント ソニーEマウント
焦点距離 110mm
レンズ構成 12群14枚
画角 22.6°
開放絞り F2.5
最小絞り F22
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率 1:1
フィルター径 φ58mm
サイズ(最大径×全長) φ78.4×99.7mm
質量 771g
付属品 レンズフード

http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/e-mount/e-110mm/index.html

スポンサーリンク