WordPress 5.0 アップデート後に投稿編集 エディタのページを以前のように戻す方法

今回のwordpressのバージョンではビジュアルエディタが大きく変わったため、既存サイトのアップデートでは問題が発生する場合があるとの事です。
気になる方は、情報がまとまるまで静観しても良いと思います。

尚 この記事は
ワードプレスを5.0にアップデートしたら、投稿編集画面がかなり変わってしまって困っている方への個人的なアドバイスですが、、内容は薄いかも(笑)

スポンサーリンク

「とりあえず 慣れよう」

新しい投稿編集 エディタは「Gutenberg」で、見出しや本文、画像をブロック単位で操作できるようにしたもの。更新以前はプラグインで導入していたが、WordPress5.0からはデフォルトで新エディタとなった。。。

使いでについて色々意見が分かれているが、
まぁ 個人的には普通に(色々)考えずに使えばいいのでは?と思ってます。

見出しや本文、画像なんかは直感的に入力でき、効率よく記事が書けるように感じているの(当記事は Gutenbergで書いてます)
しかし、気になるポイントが、
ブロック単位で操作できるが、複数のブロックを移動したりできないのがめんどくさい様な気がする。

ただ、、、
賛否有りの「Gutenberg」の強制導入はどうかな?と思いますが、これを機会に新しい「Gutenberg」を少し学んで慣れる手もあります。

Gutenbegのカスタマイズ

エディタ画面でスタイルシートを適用(functions.phpに付け加える)すると 見た目が変わります

「やっぱ無理」ならプラグイン導入で解決できます

・Gutenbergより従来のエディタの方が断然使い
或いは
・既存サイトで、記事の編集や互換性などの問題が発生する可能性があるらしい??
という理由で 従来のエディタに戻どしたい方は 以下の方法で簡単に戻せます。

サイトが正常に表示されたのを確認後
ビジュアルエディタをGutenbergから従来のエディタ[Classic Editor]に変更します。

① 更新直後の画面 ダッシュボード左上隅の ! 旧エディターを使い続ける方法はこちら。 というリンクがあるのでクリックします。

クラシックをキープ というページが表示されるので頁下へ

[Classic Editor をインストール]をクリック!

プラグインの追加画面になり、[Classic Editor]を選んで、 今すぐインストール をクリック(通常のプラグインインストールと同じです)

② 更新直後に [Classic Editor]を 選択し忘れても 
基本通常のプラグインのインストールと同じですので、
[Classic Editor]を検索してインストールすればよいだけですので、慌てなくても大丈夫です。

[Classic Editor]インストール後、新規投稿画面を開くと、従来のエディタになっています。




Classic EditorからGutenbergに戻す方法と注意点

Classic Editorを有効にしてから、Gutenbergを使いたくなった場合は、プラグインの設定で[Classic Editor]を停止すれば良いだけです。
Classic Editorが停止されると、自動的にGutenbergが有効になります。

Gutenberg→Classic Editor
に切り替えた場合、
記事の互換性の問題があるので、Gutenbergで記事を作成したあとにClassic Editorに切り替えるのは注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク