Tumblrが成人向けコンテンツの完全排除に向けて最後の調整中! しかしAIは無能

激エロからグロまでなんでもOK!ある意味 ソーシャルブログサービス界の治外法権・無法地帯であったTumblr

スポンサーリンク

その『Tumblr』が、今後、成人向けコンテンツを一切禁止すると12月4日に発表した

個人的には賛同します!
(激エロはエロ系専門サイトに任せれば良いと思います)

Tumblrコミュニティガイドライン
https://www.tumblr.com/policy/ja/new_community
を読んだ感じでは

成人向けの画像、動画、GIF以外にも「写真のようにリアルな描写された人間にそっくりなものや、見間違うレベルのリアルな画像」も該当するとのこと。
リアルの定義と許容範囲がどうなることやら、、

但し
政治的、報道価値のあるコンテンツ、および彫刻やイラストなど芸術としてのヌードコンテンツは投稿できる
とあるので、芸術性や報道性は担保されるかも?

Tumblrが成人向けコンテンツの完全排除に向けて最後の調整中!

以下 Tumblr公式blogより抜粋

tumblrをよりよい場所に

2007年に創設されて以来、Tumblrはオープンでクリエイティブな自己表現の場として、コミュニティや文化の中心となり、常に人々から愛されてきました。創設者であるDavid Karpの言葉を借りれば、Tumblrはこれまでにさまざまなアーティスト、ライター、クリエイター、キュレーターなどにインスピレーションを与え、文化を再定義し、個性に力を与えてきました。

このたび、数ヶ月間にわたり、これまでの過去を振り返りながら、どのようにTumblrのコミュニティを前進させ、どんな媒体を目指すのか、わたしたちはこれからのTumblrのあり方について真剣に協議してきました。その上でTumblrをよりよい場にするため、特に進化の激しいこの時代の波のなか、私たちがユーザーを満足させ、文化的立場をまっとうするためには、変化が必要であることを認識しました。どのような変化が必要なのか、それは メンバーたちの間での建設的な会話をコミュニティで促進していくことに他なりません。現在、Tumblrでは成人向けコンテンツの完全排除に向けて最後の調整を図っています。閲覧注意コンテンツおよびヌードコンテンツ(一部の例外を除く)を含む成人向けコンテンツがこれに該当します。

また、今回のポリシー変更と混同しないように気をつけたいと思いますが、児童ポルノを含め、未成年に有害なコンテンツも一切、Tumblrのコミュニティに投稿できなくなります。Tumblrではこれまでも、児童ポルノや未成年に有害なコンテンツを禁止してきましたが、本ポリシーをこれからもさらに強化し、産業標準である機械学習を使ったモニタリングも採り入れ、人間によるモデレーターも増員し、サイトの悪用や被害を報告できるユーザーツールも簡単に使えるようにしていく所存です。また、児童を被害から守る最前線で活躍する主要2団体であるNational Center for Missing and Exploited ChildrenおよびInternet Watch Foundationと提携することにより、ポリシーの侵害を法的機関に報告する体制を整えていきます。Tumblrのプラットフォームを悪用するすべての行為を防ぐことは難しいことですが、コミュニティをできる限り安全な場所にしていくということは、わたしたちの最優先事項であります。

Tumblrコミュニティガイドラインのアップデートについて

本日、Tumblrのコミュニティガイドライン に大きなアップデートが行われます。 Tumblrで投稿できるコンテンツの内容が改訂され、 成人向けコンテンツはこれから一切投稿できなくなります。投稿する人の表現の自由や閲覧の自由はこれからも尊重していきますが、大きな変化を迎える時がきたようです。

今回の変更によっておよぶ影響に関して、質問がある方もいらっしゃるかと思います。Tumblrはいつもユーザーの声に耳を傾け、引き続きどんな質問にもお答えさせて頂きます。

新しいコミュニティガイドラインは2018年12月17日に適用されます。

新たに投稿されたコンテンツが成人向けとして報告された場合は、この日以降Tumblrでは公開されなくなります。また、既存の成人向けコンテンツ投およびブログについてもこれからできる限り削除していく方針です。

注意!tumblrのAIは無能らしい

アダルト画像判定は コンピュータ(AI)が行うらしいが、、
誤判定が酷いとネット上では評価されてます。

スポンサーリンク