「平成の政治を幼稚にした10人」「平成の政治を成熟させた10人」独断!週刊ポスト 鳩山由紀夫・小沢一郎

政治家 「平成の政治を幼稚にした10人」「平成の政治を成熟させた10人」独断!週刊ポスト 鳩山由紀夫・小沢一郎 ランキング 辺野古
引用元は

平成の政治を成熟させたTOP10
週刊ポスト2019年1月1・4日号
https://www.news-postseven.com/archives/20181226_829546.html

平成の政治を幼稚にした10人発表、1位は鳩山由紀夫氏
週刊ポスト2019年1月1・4日号
https://www.news-postseven.com/archives/20181228_831721.html

順位平成の政治を幼稚にした10人平成の政治を成熟させたTOP10
1位
鳩山由紀夫:首相
「理念先行の『最低でも県外』発言で沖縄米軍基地の整理縮小を後退させた」(政治ジャーナリスト・藤本順一氏)
小沢一郎:自由党代表
「作っては壊すの連続だったが、政権交代で『政治は1票で変えられる』という意識を持たせた」(政治ジャーナリスト・宮崎信行氏)
2位安倍晋三:首相
「基礎的な教養に欠け、ネトウヨ的風潮に乗せられて日本政治の基盤を次々に破壊した」(ジャーナリスト・青木理氏)
小泉純一郎:首相
「自分の信念に基づいた、ビジョンと意思を持っている。政治家は変人である必要がある」(作家・猪瀬直樹氏)
3位小池百合子:東京都知事
「人気投票で都知事に当選し、都知事なのに国政の舵取りをしようとした」(政治評論家・小林吉弥氏)
(故)野中広務:自民党幹事長
「党人政治で官僚機構に対峙した」(前東京都知事・舛添要一氏)
「マイノリティの問題に真剣に取り組んだ」(ジャーナリスト・佐々木俊尚氏)
4位小泉純一郎:首相
「出世欲だけの小泉チルドレンを大量に生んだ」(元参院議員・筆坂秀世氏)
「二者択一で政治をゲーム化した」(元参院議員・脇雅史氏)
菅義偉:官房長官
「黒子として二度目の安倍政権を実現。官僚を完全に使いこなす政治主導の政権にした要となった」(名古屋大学教授・後房雄氏)
5位野田佳彦:首相
「消費増税をする政治家が歴史に名を残すと勘違いして暴走し、民主党を壊滅に導いた」(元経産官僚・古賀茂明氏)
安倍晋三:首相
「自民党をぶっ壊した小泉首相を反面教師に、安定した政権運営を実現している」(一橋大学教授・中北浩爾氏)
6位菅直人:首相
「首相経験者にもかかわらず、『何でも反対』の無責任な野党体質を現在も保持している希有な政治家」(ジャーナリスト・佐々木俊尚氏)
(故)小渕恵三:首相
「自らは“凡人”を自称しながらも、安保、外交面では中国の江沢民主席と渡り合うなど、気骨を示した」(毎日新聞特別顧問・松田喬和氏)
7位小沢一郎:自由党代表
「平成期の主な政変で仕掛け人となりながら、その成果を国民に還元する術を持ち合わせなかった」(毎日新聞特別顧問・松田喬和氏)
(故)土井たか子:社民党党首
「社会党を再起させた力は見事」(元衆院議員・平野貞夫氏)
「女性が政治の場でリーダーシップを発揮した」(経済ジャーナリスト・荻原博子氏)
8位麻生太郎:首相
「政治家の言葉の大切さを理解せず、自分流を通しているだけ。自民党を下野させた」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)
橋下徹:大阪市長
「地方公務員の給料引き下げを実施。組合との交渉過程をオープンにして民主的手法で公約を実現した」(政治評論家・屋山太郎氏)
9位田中真紀子:外務大臣
「ワイドショーを観る主婦の感覚を政治に持ち込んだ」(佐々木氏)「官僚を使用人と勘違い」(ジャーナリスト・長谷川幸洋氏)
村山富市:首相
「自衛隊合憲は現実主義的英断」(社会学者・筒井清忠氏)
「野党側の政権交代の前提条件を整備した」(元経産官僚・古賀茂明氏)
10位稲田朋美:防衛大臣
「自衛隊という組織の掌握が全くできていないことを示し、文民統制を形骸化させた」(元参院議員・江田五月氏)
(故)後藤田正晴:副総理
「歴代最高の官房長官。確固とした信念のもと平和国家・日本を守ろうと尽力した」(政治アナリスト・伊藤惇夫氏)
スポンサーリンク

平成の政治を幼稚にした政治家 堂々の1位が 鳩山由紀夫氏なのは納得!

ほぼほぼ納得! 菅直人 野田佳彦 はもっと上位だと思う。

「(普天間移設先は)最低でも県外

この発言が普天間・辺野古問題を泥沼化させた 最悪の政治家(+民主党)
腹案は結局なかった、、単なる「嘘つき」である
1999年9月の民主党代表選挙で菅直人、横路孝弘に勝利し、民主党代表就任し公約として憲法改正を前面に掲げて話題となった。
新憲法制定議員同盟顧問を務め、憲法改正を推進した。
(しかし 下野すると 護憲派へ変質w 単なる反自民党の人
所属政党
(自由民主党→)(新党さきがけ→)(旧民主党→)(民主党→)無所属

普天間県外移設資料、鳩山元首相が裁断 散逸の恐れ、省庁でも保存せず

2018年12月30日
https://mainichi.jp/articles/20181229/k00/00m/040/180000c

鳩山由紀夫元首相(2009年9月~10年6月)が、在任中に自らが保有していた公文書の大半を退任直前に廃棄したと毎日新聞の取材に証言した。沖縄県・米軍普天間飛行場の県外移設問題などに関する一部の文書は個人事務所や自宅に持ち出したものの、政権の全貌が分かる記録は残っていないという。鳩山氏は「作成元の省庁が保存していると思い捨ててしまったが、省庁で見つからなくなっているものがある」とも証言する。首相が退任する際に公文書を保存するルールはなく、廃棄や散逸の危険にさらされている。

そもそも公文書を総理とは言え、私的に保存していいのかよ?

処分した理由について、公言した「県外移設」を実現できなかったことなどから退陣に追い込まれた政治状況を挙げ「あまり記録に残しておきたくないという気持ちがあった」と当時の心境を語った。”

最低な理由だな、、、責任逃れかよ 重要な記録さえ無くしたなんて 戦後最悪の首相だな!

平成の政治を成熟させた政治家 1位が 小沢一郎 ?

個人的には まったく賛同できない 鳩山由紀夫と1位2位を争う最悪の政治家であると思うが、、

しかし 成熟させた理由として

「作っては壊すの連続だったが、政権交代で『政治は1票で変えられる』という意識を持たせた」(政治ジャーナリスト・宮崎信行氏)

>政権交代で『政治は1票で変えられる』という意識を持たせた
の点について評価しているのあれば、、大いに納得する(笑)

政治は1票で変えられる』は正しい、、
そして 民主党政権を経験して『政治は誰がやっても同じ』を否定した!

小沢一郎といえば
自由党と民主党の合併の直前に、自由党は小沢の関連団体(改革国民会議)に対して13億6816万円の寄付を行った(うち5億6096万円が政党助成金)
当時違法ではなかったが、、最悪だな小沢

2009年12月10日北京市内の人民大会堂で胡錦涛軍委主席との会談において。
小沢「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」の発言には驚愕した。

———–**——–

自由・小沢一郎代表、沖縄3区補選「政権取る第一歩」
2018.12.29
https://www.sankei.com/politics/news/181229/plt1812290006-n1.html

自由党の小沢一郎代表は29日、沖縄県沖縄市で記者会見し、同党が元沖縄タイムス社会部長の屋良(やら)朝博(ともひろ)氏(56)を擁立する衆院沖縄3区補欠選挙(来年4月21日投開票)について「野党が一つになって戦えば必ず政権を取れると言い続けてきた。その第一歩としての3区補選と捉えている」と述べ、野党共闘の重要性を訴えた。

夢をもう一度かな???
まぁ 小沢氏の目が黒い内に小沢氏の友党が政権を取ることはないだろう!

スポンサーリンク