スマホ用USBポートハブ を使ってみた もうノートパソコンは不要か?

先日 モバイルWi-Fi解約後のに スマホでデザリング設定してノートPCを使っていました。

そのノートPCは、SONY VAIOなんです。
そのPC、元々 windpwsXP機でしたが、2014年のサポート切れで眠ってましたが、
昨年 linux Been をインストールして そこそこ使えていました。

しかし、そのノートパソコンが いきなり”シャットダウン”を繰り返して、まったく使えない状況になりました。もう寿命かもしれません(悲)

そこで 長文を打つ為に、
スマートフォン(V580)に直接 キーボードやマウスを繋いで、スマホでマウス・キーボードを使ってみようと思います。

スポンサーリンク

タブレット・スマホに マウス・キーボードを繋ぐ方法

但し、全てのスマホで使えるわけではありませんが、ほぼ、3.1以降のアンドロイドが対応しているはずです。

よくわからない場合はメーカーの製品webか、GSMArena.com で確認で確認してみましょう!

例)V580で確認してみます

COMMS > USB:microUSB 2.0, USB On-The-Go
V580は、USB On-The-Go の表記があるのでOKです

スマホ・タブレットでマウス・キーボードを使う場合
「OTGケーブル」または「USBホストケーブル」が必要です。

OTGとは
USB On-the-Go(以下OTG)は,基本的にUSBはPCとその周辺機器をつなぐためにスタートした通信規格で、周辺機器(USBデバイス)同士をつなぐために定められたのがOTGです。
OTGケーブル と USBホストケーブル は同じものです。

「OTG」対応の場合 マイクロUSBポートにUSBメモリやキーボードなどの外部機器を繋ぐことができます。

OTG対応スマホとOTGケーブルがあれば、

  1. タブレット・スマホにUSBメモリや外付けハードディスクを接続すれば、データを簡単に取り込むことができます。スマホのデータ保存容量の少なさを補うことも可能です。
    *外付けドライブの使用場合、電力が供給されるようなケーブルが必要です。
  2. OTG対応のUSBハブを接続すれば、全てのポートがOTG機能に対応するためキーボードやマウスなど複数のUSB機器をスマホで同時に使えます。

OTGケーブルでマウス・キーボードを使う時の欠点

・有線であるためスマホの電池を消費してしまう事。
特にキーボードとマウスを一緒に使うと バッテリーの減りがすごい事になります
その場合、マウスは使用しない(光学式マウスは常に光ってますからね、、)ようにするしかないですね

スマホを使用しながら、充電可能なOTG USB ハブもあるものの、そのスマホ・タブレットに対応しているかは、、やってみないとわからない感じ(相性がある)です。

Bluetoothのキーボードがある場合は、Bluetooth接続が良いと思います。

私は、Bluetoothキーボードを持ってないので
その辺りに転がっていた
普通のUSBキーボードを使ってます

私の環境
USB
スマホとUSBポートハブ+キボード、マウス
V580

iBUFFALO タブレット・スマホ用USB2.0 4ポートハブ 変換コネクター付き ブラック SH4UMB04BK

まぁ これで しばらく様子をみてみます。

スポンサーリンク