玉城デニー沖縄県知事が辺野古の件で安倍総理に噛みつくが、無知は玉城デニーの方だった(笑)

2019年1月6日放送のNHK 日曜討論で、各党首らを招いて「政治はどう動く」の番組内で、、

沖縄の基地問題では、辺野古への土砂投入のその映像が流された場面で

安倍首相
「で、今、土砂が投入されている映像がございましたが、 土砂を投入していくに当たってですね、あそこのサンゴについては、移しております。また、絶滅危惧種が砂浜に存在していたんですが、これは砂をさらってですね、これもしっかりと別の浜に移していくという、環境への負担をなるべく抑える努力もしながら行っているということであります」

これに対して、、玉城デニー沖縄県知事はツイッターの発言、、

玉城デニー 勉強不足
玉城デニー沖縄県知事は安倍総理の発言を、ウソだとする他ユーザーの投稿をリツイートし、

安倍総理…。
それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです。
とコメント、、、(呆)

安倍首相「で、今、土砂が投入されている映像がございましたが、土砂を投入していくにあたってですね、あそこのサンゴについては移しております」
玉城沖縄県知事〈安倍総理…。それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです〉

スポンサーリンク

勉強不足でレクチャーを受けていないのは、玉城デニー!

琉球新報
<社説>希少サンゴ移植強行 新基地優先許されない
2018年6月1日
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-729997.html

防衛局は移植に必要な県の特別採捕許可が下り次第、産卵期などでも移植する方針に変更した。一方で、6月から移植までの期間、高水温などの対策を実施する。サンゴの周辺に遮光ネットを張り水温上昇を防ぎ、遮蔽しゃ(へい)シートで水の濁りを抑え、護岸外の水を取り入れるとしている。


沖縄県が2018年7月13日にサンゴの特別採捕許可を出し、7月末ごろに近隣の同様な環境にある海に移植された。

沖縄タイムス
国、サンゴ移植完了/辺野古埋め立て加速
2018年8月7日
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/295212

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は6日、県が先月、特別採捕を許可した辺野古側の埋め立て海域で見つかった「オキナワハマサンゴ」9群体を採捕し、埋め立て区域外に移植したと発表した。護岸で囲われた埋め立て区域のサンゴの移植は全て完了。

安倍首相は埋め立て予定地すべてのサンゴ移植を言っているのでなはいですよね

土砂を投入していくに当たってですね、あそこのサンゴについては、移しております。
は誤りではない!

玉城知事が  嘘つきor勘違いかな? (悲)

移植後のサンゴについて

元ソースを確認してもらえば 良いが 移設先は黒塗りであり 場所の特定は難しい(専門家がみればわかるのかな?)
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/07oshirase/chotatsu/kankyoukansiiinkai/kankyoukansiiinkai17/H30no17Shiryousankou.pdf

オキナワハマサンゴの移植先における食害生物による捕食圧等の検討
1.目的
一般に、サンゴ類を移植した後は、周辺の魚類が珍しがって突いたり、また、移植のストレスでサンゴ類から粘液が出れば、これを食べに魚類が集まったりということがある
ため(普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境監視等委員会(第15回)議事録13ページ及び14ページ)、 と に移植したオキナワハマサンゴについては、高い頻度(1週間に2回)での経過観察を実施し、籠を設置しているところである。
そこで、移植したオキナワハマサンゴについて、移植後の周辺の魚類及び底生生物の出現状況等を把握することにより、移植先におけるサンゴを捕食する可能性のある魚類、底生生物(以下、食害生物という。)による捕食圧を検討することを目的とした。
また、移植直後から食害防止のために設置している籠の状況についても整理した。なお、本調査については、その内容等について専門家の指導、助言を受けた上で、その結果をとりまとめた。
(略)
5.結論
移植したオキナワハマサンゴの周辺の状況は、対象区として設定した移植先周辺に元々に生息していたオキナワハマサンゴの周辺の状況と比べて、確認された食害生物の種数及び個体数に大きな違いはなく、大規模な食害を引き起こす食害生物がほとんど確認されていないのであるから、移植先における食害生物による捕食圧はもともとオキナワハマサンゴが生息している地点の自然環境と同程度であると考えられる。
加えて、移植したサンゴは移植作業から約3ヶ月が経過し、現時点において、魚類が興味を示して、移植したオキナワハマサンゴの周囲に蝟集する状況は確認されていない。
以上のことから、移植先でのオキナワハマサンゴの食害生物による捕食圧は、通常の自然環境と同等であると評価できる。
なお、上記のように、移植先でのオキナワハマサンゴの食害生物による捕食圧が通常の自然環境と同等である上、移植したオキナワハマサンゴの周囲に設置した籠の内部に堆積物が蓄積したり、籠に藻類が付着したりするというサンゴの成育環境への弊害が認められていることからすると、早期に籠を撤去して自然の状態に戻すことが適当である
以 上

以下追記

スポンサーリンク