韓国軍がレーダー照射に関して難癖つける理由は「国連安保理決議違反を隠すため」?「瀬取り」?

自民党の会合で

「韓国軍は北朝鮮の船を救助していたというが、日本のEEZで何をしていたのか、詳細を明らかにすべきだ」といった意見が出され、政府にきぜんとした対応を求めることで一致しました。

レーダー照射でトランプ氏が韓国に激怒! マティス退任で「在韓米軍撤退」も加速か
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190108/soc1901080003-n1.html

ドナルド・トランプ米政権が、韓国にブチ切れ寸前となっている。韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP1哨戒機に「敵対行為」といえる火器管制用レーダーを照射しておきながら、稚拙極まる反論動画を公開して「自国の非」を認めないからだ。
(略)
「トランプ政権内では、文政権への不信感、警戒感が爆発し、『北朝鮮への制裁破り』で、韓国へのセカンダリー・ボイコット(二次的制裁)の検討が始まっている。今回のレーダー照射問題は異常過ぎる。米国は『韓国駆逐艦は本当に救助活動中だったのか?』『北朝鮮漁船の目的は何か?』『なぜ、韓国は非を認めることができないのか』と、重大な関心を持って調査に乗り出した」

レーダー照射:国際法違反を知られたくなかった韓国
韓国軍が海自哨戒機にレーダー照射、日本に難癖つける本当の理由
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55139

2018年12月20日、韓国海軍軍艦が海上自衛隊の「P1」対潜哨戒機に射撃管制レーダー(射撃レーダー)を照射した。
 この事実は、海自哨戒機の飛行員の緊迫した会話や撮影映像から、明白である。
にもかかわらず、韓国国防省は認めようとはせず、そればかりか、日本の海上自衛隊機が異常な接近飛行を行ったと難癖をつけ、「陳謝せよ」と抗議している。
(略)
韓国軍艦が射撃レーダーを照射した時、韓国の海軍軍艦と海洋警察警備艇がほぼ同じ海域で海上警備活動(救助?)を行い、その近くに、北朝鮮の漁船(軍や工作機関が漁業に使用している船か)が存在したことだ。
(略)
韓国は救助活動だと発表しているのに、戦闘艦艇である駆逐艦までもが、そこにいたことは不自然極まりない。
(略)
おそらく、燃料切れになっていた北朝鮮の漁船に、燃料を提供していた可能性がある。
(略)
北朝鮮の漁船に燃料を補給する。つまり、南北が、国連制裁決議破りを日本海の海上で行っていると見てもおかしくはない。

なるほど、、合点がいく

因みに
2018年12月15日の記事ですが、、

北朝鮮、瀬取り海域変更=監視網すり抜け石油密輸-米テレビ
http://www.afpbb.com/articles/-/3202267

【12月15日 時事通信社】米NBCニュースは14日、複数の関係者の話として、北朝鮮が国連安保理決議に基づき輸入が制限されている石油を密輸するため、洋上で貨物を積み替える「瀬取り」の方法を変更していると報じた。別の海域で瀬取りを行い、日米などによる監視網をすり抜けようと試みているという。

 NBCによると、米軍のインド太平洋軍がまとめた最高機密扱いの分析は、北朝鮮船舶が9月以降、瀬取りを行う海域をそれまでの朝鮮半島近海から、より沖合へ移していると指摘。他国の領海内で行うこともしばしばある。

 また、監視の目を逃れるため、より小型の船舶を用いるようになっている。そうした変更の結果、瀬取りの頻度を上げざるを得なくなり、密輸コストが上昇するとみられている。(c)時事通信社

ん?????

そして、、あの韓国が好きな朝日でさえ、、、(笑)
 

今のところ、、韓国の悪行

他国政府の撮影した映像を許可なく無断使用(著作権保護法違反)
公海上で軍旗掲揚なし(国際法違反)
レーダー照射(戦闘行為)
瀬取り行為(国連決議違反)

違反行為しかしていない件

スポンサーリンク