玉城デニー沖縄県知事の嫁婿元会社員の当真嗣基氏を特別秘書に任命!月給は35万8千円~56万2千円 (もちろん税金で支給)

知事特別秘書 当真氏を任命
2019年1月9
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/369724

玉城デニー知事は1日、日程調整などを担う特別秘書に、元会社員の当真嗣基氏(32)を任命した。 当真氏は1986年5月生まれ、沖縄市出身。専門学校尚学院国際ビジネスアカデミー卒。当真氏は玉城知事の娘婿。 翁長雄志前知事の特別秘書を務めた岸本義一郎氏は12月28日付で辞職した。

>元会社員の当真嗣基氏…当真氏は玉城知事の娘婿
>翁長雄志前知事の特別秘書を務めた岸本義一郎氏は12月28日付で辞職した。 。

県民の税金から給与は支払われる。これがマスコミの嫌いな保守系知事ならば、大バッシングになったか?

特別秘書(とくべつひしょ)は、地方公共団体の長や議会の議長等の秘書業務を専任して行う特別職の地方公務員で、議会の同意は不要である。

特別職であるため、地方公務員法の制約を受けずに職務を遂行することが可能であるが、選任方法が任意であることから、特別秘書の設置自体に疑義を呈されることもある

沖縄県特別職の秘書の職の指定及び定数に関する条例
https://www.pref.okinawa.jp/reiki/35990101002600000000/35990101002600000000/35990101002600000000.html

(秘書の職の指定)
第1条 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第4号の規定に基づき、知事の専任の秘書の職を特別職として指定する。
(秘書の定数)
第2条 前条の秘書の定数は、1人とする。
附 則
この条例は、公布の日から施行する。

沖縄県特別職の秘書の給与及び旅費に関する条例
https://www.pref.okinawa.jp/reiki/35990101002700000000/35990101002700000000/frm_inyo_prag5.html

第2条 秘書の受ける給与は、給料、通勤手当、期末手当及び退職手当とする。
一部改正〔平成22年条例7号〕
(給料)
第3条 秘書の給料月額は、別表により知事が定める。
2 前項に規定する給料の支給方法については、沖縄県職員の給与に関する条例(昭和47年沖縄県条例第53号。以下「給与条例」という。)の適用を受ける職員(以下「一般職の職員」という。)の例による。
(通勤手当及び期末手当)
第4条 秘書の通勤手当及び期末手当の額並びにその支給方法については、一般職の職員の例による。この場合において、期末手当基礎額は給料月額及びその給料月額に別表に定める割合を乗じて得た額の合計額とし、給与条例第27条第2項中「100分の122.5」とあるのは「100分の140」と、「100分の137.5」とあるのは「100分の155」とする。
一部改正〔平成3年条例4号・14年54号・15年39号・21年50号・22年7号・36号〕

別表(第3条、第4条関係)
号給 給料月額(円) 割合
358,000 100分の5
475,000 100分の10
562,000 100分の1

辞任した岸本義一郎氏も、、

2015年2月号 POLITICS [権謀術数が渦巻く沖縄]
http://kinpy.livedoor.biz/archives/52125994.html

翁長氏は副知事に、地元・那覇市の盟友である浦崎唯昭前県議(71歳・自民党離党)と安慶田光男前那覇市議会議長(66歳・同除名)を任命。
妻の近親、岸本義一郎氏(56)を特別秘書に選んだ

スポンサーリンク