元山仁士郎氏 宜野湾市役所前でハンストする!健康的な断食だが、予想より早めに終了

ハンガーストライキ 断食 沖縄 話し合いはしない

mojzagrebinfo / Pixabay

沖縄県民投票求め宜野湾の27歳男性がハンスト開始

毎日新聞2019年1月15日
https://mainichi.jp/articles/20190115/k00/00m/040/283000c

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日)の実施を求めて署名を集めた「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)=宜野湾市=が15日、同市など5市が投開票事務への協力を拒否していることに抗議し、同市役所前でハンガーストライキ(ハンスト)を始めた。元山さんは「5市が実施を表明するまで体力の続くかぎり水だけで座り続ける」と話した。
(略)
複数の市議会が県民投票に必要な予算案を否決した後は、宜野湾市や沖縄市の市長に直談判して首長権限での予算計上を求めた。しかし県内の有権者の3割を占める5市の市長が実施拒否を表明。元山さんは「やれることはやったが状況が変わらなかった」と話す。

「県民投票に参加して」 ハンガーストライキを始めた元山代表の思い

2019年1月15日
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/371679

元山代表は投票実施を求めて、市長や市議らと面談を重ねたが変わらない現状を振り返り「体を張るしかないと思った。署名してくれた10万人の思いを無駄にしたくない。自分も一市民として責任ある1票を投じたい。しっかり全県民で議論できる投票にしたい」と決意を込めた。

話し合で解決ではなく、、、体を張ったか、、、、?
えっと サヨクお得意の「話せば分かる」はどうした?

しかし 大スターだな! 元山仁士郎さん

ハンガーストライキとは? wikiでは

公共の場(受刑者の場合は刑務所内)に座り込み、断食することで、相手が要求を受け入れなければ餓死に至るという状況に追い込むことで注目を集め、自分の主義・主張を通そうとしたりそれを世に広めたりするのが目的である

安易な気持ちでやっているとは思わないが、、、どうなんだろうね?(お亡くなりになれば)自爆テロと同じなのだが、、、、

「医者が付いている時点でドクターストップ待ち」」なんてネットの声もありますが、法的拘束力の無い 県民投票で命を落とすほど彼も馬鹿じゃないですよ
まぁ ネットの声には同意します。
命を落とすまで絶食することはないでしょう、ドクターストップで終了です(苦笑)

話題作りもできる「健康的な断食」ですよ。

ガンジー「点滴してもハンストって言うの?」笑

因みに 一般的な「断食療法」に倣えば 10日くらいは大丈夫そうです(要事前準備)

断食療法
https://kotobank.jp/word/%E6%96%AD%E9%A3%9F%E7%99%82%E6%B3%95-163247

断食に入る前に健康状態のチェックを医師から受け、まず3~7日間の予備断食で七分粥(しちぶがゆ)から重湯(おもゆ)まで日を追って減食し、本断食に入る。
その期間は普通10日前後で、水以外は口にしないが、身体状況に応じた処置が講じられる
断食中にはいろいろな異常反応がみられ、体温・脈拍・血圧などの低下、睡眠時間の短縮をはじめ、舌苔(ぜったい)、口臭、体臭のほか、めまい、耳鳴り、視力低下などが自覚されるが、これらは断食による栄養状態の変化によるもので、断食3~5日後にはほぼ消滅する。

まぁ 死ぬ気ははなっからないですよ ご安心を

県民投票のタイムリミットは 諸手続きの都合上1月20日前後のようですので、それ以降に県民投票に参加するとしても間に合いませんので、その為 それ以降 断食の意味はありません

因みに タイムリミットの根拠は 1月14日のRBCニュースより

 うるま市では事務作業の時間を逆算すると「今週がタイムリミット」としていて、今後の市長の判断が注目されます。

1月14日時点で今週とは1月19日まで、、時間的に余裕をもてば翌週の1月21日(月)までがギリかな?

1月15日スタートした断食ですが、、1月20日前後で終了の可能性が高いです。多めに見て、、6日間位程度で終了すると予想します。
ただ、、
ここに来て 沖縄らしくない寒波の影響で予定より早めにドクターストップもあり得るけど(笑)
身内の皆さんは褒めてくれるでしょう!

元山氏は1月16日時点で死ぬ気はないようですよ
皆さん安心して下さい!

・・・
「パパあの時なにしてたの?」
「移設の邪魔したせいで普天間の再開発は遅れたんだよ」

追記

元山氏 中部共同病院で検査を受けて点滴受ける

絶食4日目「『辺野古』県民投票の会」27歳代表に激励の嵐
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245737

米軍普天間飛行場の辺野古移設の賛否を問う県民投票の実施を宜野湾など5市が拒否していることに抗議し、宜野湾市役所前で15日朝からハンガーストライキを続ける「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)。水だけで過ごすハンストは18日で開始から4日目を迎えた。

点滴で「栄養補給」したなら もうハンストとは言えないような、、、
緩いハンストだなぁ、、ガンジーもびっくり!

受診した病院は 中部共同病院(共産党系の沖縄医療生活協同組合の病院) ですね
一番近い病院は宜野湾記念病院あたりだと思うけど

宜野湾市役所は この行動に許可を出していない

元山さんに激励続々 県民投票参加訴えハンスト3日目 投票権剝奪、怒り拡大
2019年1月18日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-862713.html

水やカイロなど差し入れも多い。「元山さんの体が心配で来た」と言う伊佐春子さん(81)は…(略)この日はテントが市役所敷地内にあるため、市総務課から2回、撤去するよう指導があった。

サヨク得意の違法行為中ですね。自分は市役所職員の違法行為への指導をまったく聞き入れないのに 宜野湾市長や議員・議会は俺の話に従え!
ってのは凄いよね!。

*伊佐春子さん 未確認情報ですが元日教組(笑)

予定通りドクターストップでハンスト終了

上記のように、、通常の「断食療法」に倣えば 10日くらいは大丈夫なんですけど、、、
点滴もやってったのに、、(汗)
私の予想は「1月20日前後にハンスト終了」でしたので やや早めの終了ですね(笑)

良識ある沖縄県民「予想通りのドクターストップで笑わす」

続きは、、
宜野湾市役所に無許可で元山氏の新春断食大会は早くも終了!ハンストって何?
です

スポンサーリンク