大口径 APS-C レンズ KAMLAN 50mm F1.1 28mm F1.4 FS 7.5mm F3.2 台湾 マニュルフォーカス

サイトロンジャパンが、台湾のMachang Optical Co., Ltd(瑪暢光電有限公司)社「KAMLAN」ブランドのAPS-C対応MFレンズ3本を2019年1月25日に発売した。
対応マウントは
キヤノンEF-M 、ソニーE、富士フイルムX、マイクロフォーサーズ

今回発売される レンズは3本で以下
KAMLAN 50mm F1.1
28mm F1.4 FS
7.5mm F3.2
日本で販売されるのは 以下画像の赤枠内3本
すべて、安価な値段の割には。高級感のある、オールメタルとガラスのデザインです。
大口径 APS-C レンズ KAMLAN 50mm F1.1 28mm F1.4 FS 7.5mm F3.2

因みに
「Kamlan」というブランド名は、台湾の地名 宜蘭 「Kavalan」に由来する。
スポンサーリンク

KAMLAN FS 50mm F1.1

オープン価格(予想価格 税別25,000円前後)

巷ではもっとも人気が出るであろう予想されているのが、このレンズ
(個人的には 28mm F1.4 推し)
レンズ構成が、5群5枚となっており「収差」が気になり やや不満ですが価格と明るさを考えれば 合格ラインを越えていると思います
この価格で 50mm F1.1 が手に入るのは素直にすごい
ポートレイトではかなり良い評価を得そうです。
対抗馬は 7artisans 55mm F1.4 あたりか? 2万円を切る価格です。

主な仕様
[フォーカス]マニュアルフォーカス
[焦点距離]50mm
[開放絞り]F1.1 [最少絞り]F16
[レンズ構成]5群5枚 [画角]31°(APS-Cフォーマット)
[最短撮影距離]50cm
[フィルター径]φ52mm [サイズ]56×59mm [重量]約248g

 KAMLAN FS 28mm F1.4

オープン価格(予想価格 税別25,000円前後)

KAMLAN FS 28mm F1.4 Credit: Joseph Cowlishaw

今回の3本では 個人的にイチオシのレンズ!
焦点距離42mm(35mm換算)は、人の自然な画角と近いですね
この焦点距離は、風景からポートレート、ストリート写真まで、幅広い用途に非常に用途が広く使い勝手が非常に良いですね。
このレンズは 最大倍率 0.15倍ですねかなり優秀です。
レンズも 7群8枚!

対抗馬は AFのシグマの 30mm F1.4 ! あと数千円だせば買える、、

主な仕様
[フォーカス]マニュアルフォーカス
[焦点距離]28mm
[開放絞り]F1.4 [最小絞り]F1.6
[レンズ構成]7群8枚 [画角]56°
[最短撮影距離]25cm
[フィルター径]52mm [サイズ]66×58mm [重量]約348g

KAMLAN FS 7.5mm F3.2

オープン価格(予想価格 税別25,000円前後)

類似レンズの多くは ほぼ3万円オーバー!ですが、ただし、、
対抗馬は、やはり 7artisans 7.5mm F2.8 Fish-eye は2万円前後の価格、このレンズに関しては価格的な衝撃度は低いです。
しかし 焦点距離が12mm(35mm換算)の魚眼レンズで色々遊んでみてたいです。

主な仕様
[フォーカス]マニュアルフォーカス
[焦点距離]7.5mm [開放絞り]F3.2 [最小絞り]F16
[レンズ構成]6群7枚 [画角]160°
[最短撮影距離]10cm [サイズ]48×58mm [重量]約250g

—-
2/1現在
Amazonで以前購入できていた この3本のレンズの並行輸入品が見当たりません。
以前は確かにあったような、、、
米国では 50mm F1.1 が 170ドル(1万8千円)前後で販売されています。
並行輸入などで 2万を切る価格も予想されます。

サイトロンジャパン
ケンコーグループ傘下の天体望遠鏡などを販売する会社
中国のLAOWA(老蛙=ラオワ)の交換レンズなどを扱う
【本社】〒161-0031 東京都新宿区西落合3-9-19
【設立】 昭和36年6月1日

スポンサーリンク