悪夢の民主党政権で打線組んだ プチ解説付き (残党は立民・国民・自由党・希望)

あの カミカゼ氏のツイート 悪夢の民主党政権で打線組んだ
概ね賛同だが、、、個人的に少し変えてみた。

尊敬するカミカゼ氏が組んだ打順ですが 、勝手に改変した! m(_ _)m

1 2番じゃダメなんですか?
2 だから早く殺せと言ったんだ
3 民団の皆さんのご支援に感謝
4 放射能を分けてやるよ ← 死の街 も追加
5 書いたらその社は終わりだから
6 僕は原子力に詳しい
7 直ちに影響はない
8 ニートの親は動物以下
9 国というものがよくわからない ← 「最低でも県外」に変更

プチ解説

2番じゃダメなんですか?

「2番じゃダメだめなんですか?」(正確には「2位じゃだめなんですか?」)
だが、、2番の方が分かり易いw
2009年11月 無駄遣いカットの切り札として鳴り物入りで始まった「事業仕分け」での民主党蓮舫議員
中国が1ペタを開発していて、アメリカが間もなくで、もう日本はアメリカの後にいるんだと。世界一になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃだめなんでしょうか?
後に、ノーベル賞学者らが猛反発した。

だから早く殺せと言ったんだ


2010年5月 記者団から宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫について質問された際に、赤松広隆農水相が放った一言「だから早く殺せって言ってるのよ」と、にやけたような表情で答えた。
東国原宮崎県知事は、赤松大臣に対し「残念ながら、大臣が、だから早く殺せと言ったんだと笑いながら仰ったくらいの認識しか国には無いのです」

民団の皆さんのご支援に感謝

2009年10月 千葉市中央公園「マダン祭」にて 野田佳彦議員「8月30日の衆議院選挙におきましては、千葉民団の皆さんの力強いご推挙をいただき、力強いご支援をいただきましたことを、心から御礼申し上げたいと思います。」

因みに 野田佳彦氏は 外国人献金を平成18年までに計約47万円受けていた
(当時)野田佳彦総理大臣「(献金者は)日本人だと思っていたが、20年以降、在日本大韓民国民団(民団)の役員と分かった
「私は外国人参政権付与に慎重な立場だ。(民団から)具体的な支援を受けていない」


違法献金問題は33分頃~

放射能を分けてやるよ 死の街

2011年9月8日昼 野田首相らと視察に訪れた東京電力福島第一原子力発電所の周辺市町村について、鉢呂吉雄経産相「市街地は人っ子一人いない、まさに死の街という形だった」と発言し後に撤回陳謝。
9月8日夜 防災服の袖を毎日新聞社の記者に擦りつけ「放射能を分けてやるよ」という趣旨の発言をしたと毎日新聞社などに報じる、9日夜には報道陣に対して「そういう事は言っていないと思う」と釈明した。

書いたらその社は終わりだから

松本龍 書いたらもうその社は終わりだから 
2011年8月 松本龍復興担当相が宮城県庁を訪れた松本氏は、村井嘉浩知事が自分を応接室で待たせたことに腹を立て 被災地でテレビカメラが回っているにもかかわらず
「お客さんが来るときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか、長幼の序が分かっている自衛隊なら、そんなことやるぞ!」と発言
その後 「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか? 皆さん。書いたらもうその社は終わりだから」と報道陣を恫喝(どうかつ)したが、東北放送は、この場面を放送した。

僕は原子力に詳しい

201年3月 菅直人首相「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」と危機意識を示した。また「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任し東電の対応を批判した。15日早朝、東電本社に乗り込み「撤退は許さないぞ」と激しく叱咤(!?)

福島第一原子力発電所 吉田昌郎所長 「(菅直人首相が)こんな大人数で話をするために来たんじゃないとかいうことで、場所変えろとか何かわめいているうちに、この事象(水素爆発)になった」と言った、これが混乱の一因

直ちに影響はない


2011年3月 福島第一原発事故による原発から20~30キロの放射線量や牛乳、ホウレンソウから基準を超える放射性ヨウ素の検出について
枝野幸男官房長官「直ちに人体や健康に影響を及ぼす数値ではない」と繰り返し発言。
この曖昧な発言は批判された。

ニートの親は動物以下

2009年7月 民主党 小沢一郎「親鳥はヒナが大きくなるまでは一生懸命に世話をするが、一定の時期がくると冷たいほど突き放して巣立ちさせる。ニートの親は動物にも劣るといっても過言ではない」
http://ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/fuji/2005/fuji20050419134025.html
(小沢一郎 公式web 削除済)

最低でも県外

2009年7月19日 沖縄市で開かれた集会で、民主党の鳩山由紀夫代表は政権獲得後の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について
「(米軍普天間飛行場移設は)最低でも県外の方向で積極的に行動したい」と発言
当時 日米政府は、同県名護市辺野古に移設することで合意していた

鳩山由紀夫首相は2010年5月4日、沖縄の米軍普天間基地の移設問題で「最低でも県外」との自らの約束を撤回した


鳩山氏もそうだが、、玉城デニー沖縄県知事も酷いな (呆)

スポンサーリンク