台湾は昨年12月に新型コロナに関する警告文書をWHOに出していた!

WHOなどここ数年世界的公的機構に中国の裏金が回り機能不全に陥っているとの噂があるよね?
日本や米国の支援は組織運営
中国は機構用心を裏金で動かす。。。

スポンサーリンク

中国共産党の発表する 新型コロナ死者数は正しい?

WHOも中国共産党の隠蔽を黙認しているのだろうか?

渡しは中国国内のコロナウイルスに死者は捏造されていると考えたます
皆さんはどうですか?

中国共産党によると 新型コロナで中国国内での 死者数 約3300人としてるけど

新型コロナウイルスについて中国の保健当局は8日(略)
死亡した人は湖北省で2人増え、中国での死者は合わせて3335人になったとしています。

中国 新たに63人感染確認 8万1865人に 新型コロナウイルス
2020年4月9日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200409/k10012376981000.html

例えば
携帯スマホ解約数1400万 スマホが無いと生活できない中国では異常な解約数
まぁ都市封鎖で使わなくなったスマホを解約した!?とも考えることはできますが、、それにしても1400万台(参照ツイートでは1450万台ですが)は多すぎる

更に、、死体袋を大量に発注!

台湾の大手新聞『中国時報』の元中国駐在記者で、現在はテレビ番組の司会も務める鄭弘儀氏が先週、著名な葬儀屋の息子にインタビューした以下の内容は、瞬く間に反共産党系中国メディアに拡散された。

「2月下旬から中国から続々と遺体袋の注文が来たが、そのころは数百単位の注文だった。ところが、最近は10万個、20万個をしかも至急で要求される」

中国・習政権に批判集中! ウイルス封じ込めたと言うが…台湾発信「中国から遺体袋20万個、しかも至急で要求された」
夕刊フジ / 2020年4月8日
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujifor2004080004/

発生源武漢の医療崩壊した動画は皆さんよくご存じですよね

台湾が昨年12月末にWHOに新型コロナ情報を送った!

新型コロナウイルスへのWHO=世界保健機関の初期対応をめぐり、台湾当局は、去年12月にWHOに送った文書を公表し、中国でヒトからヒトへの感染が疑われる事案が起きていると警告していたと強調しました。

WHOの対応を批判するアメリカに歩調をあわせた形です。
アメリカ国務省は10日、WHOについて「台湾から早期に受けた通知を国際社会に示さなかった。公衆衛生より政治を優先した」などと批判しましたが、AFP通信の取材に対しWHOは「台湾からの通知にヒトからヒトへの感染について言及はなかった」と否定しました。
これについて台湾当局は11日、WHOに対して去年12月末に送った通知の全文を公表しました。
文書には「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」などと書かれています。
台湾の陳時中衛生福利部長は会見で「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」と述べ、文書はヒトからヒトへの感染が疑われる事案が起きていると警告していたと強調しました。

台湾は、WHOの対応は中国寄りだと批判するアメリカのトランプ政権に歩調をあわせた形です。

NHK
台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/amp/k10012382351000.html

台湾紙 フォーカス台湾 日本語版では


(台北中央社)新型コロナウイルスが人から人に感染する可能性を示唆した台湾の警告を無視したとして批判された世界保健機関(WHO)が、「人から人に感染する」という文言はなかったと主張したのを受け、中央感染症指揮センターの陳時中指揮官は11日の記者会見で、台湾がWHOに送った電子メールを公開するとともに、「一部だけ切り取って都合のいい解釈をしている」と反論した。

(台北中央社)新型コロナウイルスが人から人に感染する可能性を示唆した台湾の警告を無視したとして批判された世界保健機関(WHO)が、「人から人に感染する」という文言はなかったと主張したのを受け、中央感染症指揮センターの陳時中指揮官は11日の記者会見で、台湾がWHOに送った電子メールを公開するとともに、「一部だけ切り取って都合のいい解釈をしている」と反論した。

台湾は昨年、中国・武漢で呼吸器系の感染症が発生しているとの情報に基づき、保健当局を通じて同12月31日、WHOの連絡窓口に電子メールで通報していた。

同センターは、WHOへのメールには重症急性呼吸器症候群(SARS)を疑わせるような症状があることや「患者が隔離治療を受けている」ことが明記されており、公共衛生分野のプロならこれで人から人への感染の可能性を判断できるとの見解を示している。陳氏は、WHOは台湾の通報内容から「隔離治療」に関する一節を見落としたと指摘。WHOがこの部分をはっきりと世界に伝えれば、その後の対応がどうであったか「一目瞭然だ」と述べ、焦点をぼかさず、正直にこの件と向き合ってほしいと呼び掛けた。

台湾の対策本部、WHOに反論 新型コロナ早期警告を否定する姿勢受け
2020/04/11
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202004110005.aspx

昨年12月31日 台湾が新型コロナに関する情報をWHOに伝えていた事がはっきりした

当のWHOのテドロス事務局長によると、争点ずらしなのか?被害者になりたいのか?
台湾から誹謗中傷を受けていると言う

(台北中央社)世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は現地時間8日の記者会見で、過去3カ月にわたり台湾から人身攻撃を受けたと述べた。外交部(外務省)は9日、報道資料で「強い不満、深い遺憾」を示し、「断固として抗議する」と表明した。
(略)

外交部は「台湾は成熟した素養の高い先進民主主義国家であり、WHO事務局長本人に対する人身攻撃を人々に促すことは絶対になく、ましては人種差別的言論を発表することはありえない」と強調。また、テドロス氏を批判する言論は「いずれも中華民国(台湾)外交部とは無関係であり、中華民国(台湾)外交部が操れるものではない」と弁明した。

さらに、テドロス氏が事実確認をせずに、理由なく台湾に対して事実とは異なる非難をし、台湾の政府や人々を深く傷つけたとし、「この中傷行為は極めて無責任。台湾政府はテドロス氏に根拠なき非難の訂正や即時釈明、台湾への謝罪を求める」と要求した。

台湾紙 フォーカス台湾 日本語版
WHOテドロス事務局長、台湾を名指しで非難 外交部「断固として抗議」
2020/04/09
http://japan.cna.com.tw/news/afav/202004090002.aspx

そして NHK によると

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、台湾から人種差別的な中傷を受けたと主張しましたが、これに対して、台湾の捜査機関は、根拠は見つかっていないと反論しています。(略)
台湾の捜査機関、法務部調査局は10日、記者会見を開き、台湾から中傷が行われた根拠は見つかっていないと反論しました。

一方、調査局は、テドロス事務局長の発言後、ツイッターに「台湾人を代表して謝罪します」などという書き込みが100件以上投稿され、アカウントを分析した結果、中国のユーザーの間で拡散された疑いがあると指摘しました。

WHO事務局長「台湾から人種的な中傷」に台湾が反論
2020年4月11日https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200411/k10012381581000.html

たぶん これは
例のアノ某国の陰謀だろうな。。。。

エチオピアと中国

エチオピアと中国は仲が良い!
テドロス氏はエチオピアで大臣経験者

テドロス・アダノム・ゲブレイェソス
エチオピア人活動家・研究者。
公共の保健機関で働き、2017年から世界保健機関の事務局長(Director-General)。エチオピア政府で2005年から2012年にかけて保健大臣を、2012年から2016年にかけて外務大臣を務めた。2017年5月23日、世界保健機関の事務局長に選出された。
2017年7月1日から任期は5年間。

国連貿易開発会議(UNCTAD)が2020年1月20日に公表した「世界投資の傾向(Global Investment Trend Monitor No.33)」は、2019年のエチオピアへの直接投資流入額を25億ドルとしており、このうち60%は中国によるものとしている。

中国からの対エチオピア投資が引き続き活発
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/02/070873a5934ad6cf.html

人工衛星も、、、

エチオピア初の人工衛星が20日、中国の長征4号を使用して打ち上げられた。打ち上げられたのは、70キログラムのリモートセンシング衛星で、農業、気候、鉱業、および環境の観測に使用されるとしている。衛星は地表から約700km上空で動作する。

朝日新聞を危惧する 中国の借金漬け支援

エチオピアでは近年、アパレル向けの工業団地が約10カ所立ち上がった。政府は、国内総生産に占める製造業の割合を14年度の4・8%から、25年に18%まで引き上げる目標を掲げる。 後押しするのは中国だ。
(略) ただ、中国の融資による経済成長には危うさも伴う。世界銀行は、16年のエチオピアの対外債務残高が8年前の約8倍の約220億ドル(約2兆4200億円)になったと指摘する。

借金漬けの途上国 中国式支援、危うい「手っ取り早さ」

中国 コロナ対策用品はアフリカの分を一括してエチオピアへ

【3月25日 Xinhua News】10時間の飛行を経て、中国の防疫物資を満載したエチオピア航空の貨物チャーター機が22日午前、エチオピアの首都アディスアベバ国際空港に到着した。この防疫物資は馬雲公益基金会とアリババ公益基金会がアフリカに寄贈した医療物資の一部で、アフリカ54カ国の新型コロナウイルス対策を支援するために使用される。
(略)
エチオピアのアビー・アハメド(Abiy Ahmed)首相は15日、声明を発表し、中国が援助物資を寄贈したことに感謝した。首相は国連世界食糧計画(WFP)、アフリカ疾病予防対策センターと協力して援助物資を関係国に届けることになっている。

中国の援助物資、エチオピアに到着 アフリカ54カ国の新型コロナ対策を支援

テドロス事務局長が中国に忖度し台湾を悪者にするのは ある意味必然か?(笑)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク