【謝罪できる人】笠井信輔さん治療頑張って下さい!【謝罪しない人】玉川徹は辞めたら?

元フジテレビ笠井信輔アナウンサー(56)は 朝日のアイツよりまともで大人ですね
個人的には謝罪を受けとめます 治療頑張って下さい!

スポンサーリンク

真摯な人 笠井信輔

笠井アナ謝罪 マスク動画公開し森公美子に批判集中

悪性リンパ腫と診断され入院中の元フジテレビ笠井信輔アナウンサー(56)が、オペラ歌手でタレントの森公美子(60)が政府から配布された布マスクが届いたことを報告した動画で批判をあびたことについて、「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、当該投稿を削除した。
笠井アナは20日、インスタグラムを更新。「皆さん、申し訳ございません。私は皆さんと、友人の森公美子さんに謝らなければいけません。
(略)
「その時、このマスクを不眠不休で作ってくださった皆さんのお気持ちや、病院に専門のマスクを送るために、国民には布マスクを送ることになったと言う事情など、深く考えが及びませんでした。皆さんがマスク購入について苦労しているのは、テレビやネット、ラジオなのでよく知っていましたが、病室の中にいて、自分自身は体験していないので、皆さんのマスクに対する切実な思いをくみ取ることができていませんでした」と反省をつづった。

笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年4月12日 – )
日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。
東京都世田谷区出身。
祖父に劇作家・脚本家の阿木翁助。妻はテレビ東京社員の茅原ますみ。
2019年9月フジテレビを退職
2019年12月18日、悪性リンパ腫に罹患していることを所属事務所を通じて公表。

責任回避 無責任男 玉川徹

テレ朝 斎藤ちはるアナが謝罪と訂正…玉川徹氏の「箕面大滝」発言

https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/24/0013059328.shtml

24日放送のテレビ朝日「モーニングショー」で、アシスタントの斎藤ちはるアナウンサー(22)が、21日の番組で、コメンテーターを務めている同局の玉川徹氏が発言した内容に事実誤認があったとして謝罪した。
(略)
レギュラーコメンテーターを務める玉川氏は21日の放送で「なんか昔、取材しましたよ。トンネル掘ったら水が涸れちゃって、滝の水、少なくなったって。たしか取材したんだよね。回復したのかな」と発言。  箕面市がテレ朝に抗議し、訂正を求めていた。

玉川は自分の発言の訂正謝罪を22歳の新人女子アナにさせるセコい男だね
日頃の強気な態度は何なんだよw

「モーニングショー」玉川徹氏、詭弁・開き直りの厚顔
2020年03月18日
http://agora-web.jp/archives/2044892.html

玉川徹氏がかねて番組で散々PCR検査をより多くの人に受けられるよう態勢を整えるべしと主張していたにも関わらず、番組でコロッと態度を変えたことがTwitter上で話題となった。

テレビ朝日『モーニングショー』の玉川さんを見ていつも思うこと
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71309

スーツをビシッときめ、眉毛を逆ハの字に吊り上げて政府や官僚をモーレツ批判。玉川さんの雄姿は毎朝のおなじみだが、ふと思うのだ。気持ちはわかるけれど、なんでこの人は、こんなに偉そうなの?

ついに?身内の朝日新聞系列「論座」でも批判が、、

論座(旧WEBRONZA)は2010年7月から続く朝日新聞社の言論サイトです。「政治・国際」「経済・雇用」「社会・スポーツ」「科学・環境」「文化・エンタメ」の5ジャンルで、社内外の筆者による解説や論考、インタビューなどを連日アップします。
https://webronza.asahi.com/help/about.html

まぁ たんなるアリバイ作りの可能性は十分にあるけどねw

コロナ報道におけるテレビ朝日・玉川徹コメンテーターへの疑問
生命に関わる問題があぶり出したよろずコメンテーターの限界
川本裕司 朝日新聞社会部記者
2020年04月20日
https://webronza.asahi.com/national/articles/2020041800004.html

4月7日に7都府県に緊急事態宣言が出された直後、番組に出演した政治ジャーナリスト田崎史郎氏が外出自粛を要請し2週間後の感染者数増加を抑える方針について「2週間の様子を見てから」という政府の考えを説明した。これに対し、玉川氏は「旧日本軍がやって大失敗した戦力の逐次投入をやろうとしている。投入できるものは一気に投入する。閉めてくださいという要請には一気にお願いする。基本は『家にいる』です」という趣旨の発言をした。番組の演出なのか、田崎氏対玉川氏という二項対立で激論が続けられていった。

ところが、数日前、玉川氏は違う理屈を展開していた。コロナ問題で減収に見舞われた人たちの救済策として、玉川氏は「スピードを優先させまず現金を配る。足りなければまた配ればいい。それを繰り返せばいい」といった主張をした。現金給付については、逐次投入の姿勢を示していた。論理の一貫性の欠如を露呈させていた。発言の信頼性に関わるような変わり身だった。これでは安倍政権を批判するためならどんな理屈をつけても構わない、と受け止められても仕方がない。
(略)
いま、コロナ問題を取り上げるニュース・情報番組のコメンテーターやキャスターは、政府の施策に対して思い思いの意見を述べるか、政府・自治体に成り代わるかのように「家にいましょう」と呼びかけるか、だ。東日本大震災による東京電力福島第1原発事故のあと、東日本各地の視聴者は被曝の恐怖にさらされ、原発の知識がないコメンテーターの言葉に耳を傾ける気持ちにはなれなかった。そして原発報道のあり方は根底から見直しを迫られた。コロナ問題は、終息の見通しが立たない危機に陥った中で生命に関わるテーマについて、これまでとは異なる向き合い方を情報番組のコメンテーターに求めているように思える。

玉川の一貫性のない発言は まぁ二重基準 ダブスタなんだろうね
その時々の状況に応じて政府(自民党)あるいは世論と反対の意見を言うだけだよね。

また 彼はいわゆる放射脳なんだろうな 福島原発事故に関する事柄に関しては民主党へも異常な反応を繰り返している

玉川は 災害ガレキの広域処理に反対していたが 広域処理に時間がかかった事を後に批判
それが間違いであっても 上記の様に決して謝罪はしない。

放射脳とは
反原発派のうち過激な行動・発言を繰り返す人々を揶揄した言葉であり いわゆる「放射線恐怖症」とは違い政治色が強い

シリアで拘束され解放されたフリージャーナリストの安田純平氏を「英雄として迎えろ」と発言して「社会問題」となった
2018年11月1日テレビ朝日「モーニングショー」では、
シリアにて拘束された安田純平を「英雄」とする玉川徹と、これを否定する橋下徹氏
全体的に噛み合わぬ議論ではあったが、内容的には橋下徹・玉川徹の論戦は、橋下氏の圧勝であったのだが、
あの時の繰り返されたのは玉川の「ダブスタ」は酷かったなぁ

玉川は早く辞めないかな?
笠井信輔さんは がん治療頑張ってください!!

スポンサーリンク