【ソニー】フルサイズミラーレスのど定番 α7IIと比較しながらα7IIIを評価してみる 

日本経済復活!例の10万円活用の為に いまさらながら フルサイズミラーレスのど定番 α7IIと比較しながらα7IIIを評価してみます

ソニー α7 II (ILCE-7M2)とα7 III (ILCE-7M3)のスペック表は中段あたりにありますが、、スペックの単純な比較より 私が気になったポイントを先に書いてます。

ソニーα7III比較 感想

スポンサーリンク

α7 III (ILCE-7M3)の良いところ

ソニー α7 II (ILCE-7M2)とα7 III (ILCE-7M3)の比較ですね

画質と高感度性能の向上

撮影感度が
標準:ISO100~51200
拡張:ISO50204800

個人差はあるでしょうが、
α7 IIはiso 6400まで、α7 IIIはiso 25600まで使える(常用という意味ではない)
isoが6400から25600なので2段分です。すごいですよね!

α7IIIは裏面照射CMOSですので暗いところでもノイズがより少なく明るさも一段階程度明るなった(α7IIでも十分であったけど)

α7 III の画質は、最近の高性能なフルサイズセンサーに期待した通りのものだ。α7 III とα7R III、α7R II、ニコンD850の間には大きな差はないが、α7 III は初代のα7と比べれば劇的に改善しており、旧型のα7 II よりも高感度のダイナミックレンジとノイズの両面で優っている。興味深いことに、同じ24MPのα9のセンサーと比べると、α7 III のダイナミックレンジはISO100とISO640で大まかに言って1EV広い

引用 適当翻訳
https://www.dpreview.com/articles/3389926460/sony-a7-iii-dynamic-range-and-high-iso-improve-over-its-predecessor

Summary

We’ve summarized our results in numbers in the table below.

ISO 100 (24MP) ISO 100 (8MP) ISO 640 (24MP) ISO 640 (8MP)
a7 III 13.8 EV 14.6 EV 13.4 EV 14.2 EV
a7 III (compressed 12-bit) 12.4 EV 13.2 EV 12.3 EV 13.2 EV
a7 II 13.9 EV 14.7 EV 11.8 EV 12.6 EV
a7R III 14 EV 14.8 EV 13.1 EV 13.9 EV
a7R II 13.6 EV 14.4 EV 12.9 EV 13.7 EV
a9 12.6 EV 13.4 EV 12.4 EV 13.2 EV

https://www.dpreview.com/articles/3389926460/sony-a7-iii-dynamic-range-and-high-iso-improve-over-its-predecessor

オートフォーカス 瞳AFが凄い

AFエリア
α7II:像面位相差AF:117点・APS-C時の像面位相差AF:99点・コントラストAF:25点
α7III:像面位相差AF:693点、APS-C時の像面位相差AF:299点、コントラストAF:425点に大幅増加しています。
AF速度は、低輝度時には最大2倍、連写時の動体追従時に約2倍に向上しました。
正確なAFが可能か示す測距輝度範囲(ISO100相当、F2.0レンズ使用時)は、α7IIのEV-1~20からEV-3~20に向上しています。 *でも初代α7sのEV -4~20には敵いません

α7 IIIには背面に、親指オートフォーカスが可能な「AF-ONボタン」、AFエリアを選択できるジョイスティック「マルチセレクター」が設置されました。 これも何気に便利です

瞳AFの食いつき精度が良い
想像以上ですよね 逆光シーンなどでも検出可能となったはすごい!

そして 瞳AFはα7 IIの場合シングルAF(S-AF)時に使用可能でした。
動き回る子供を撮影するときはコンティニュアスAFが有用なんですが コンティニュアスAF時には使用できません。

しかし α7 IIIでは、コンティニュアスAFで瞳AFが使用できるようになりました!。
通常、静体撮影にはシングルAF、動体撮影でコンティニュアスAFの使用が一般的なんでしょうが、α7 IIIではコンティニュアスAFでほぼ全部対応できます。

上でも書きましたが、AF性能向上は 裏面照射型になっていて集光率を大幅に向上した事と、さらに配線層を伝送速度の速い銅配線にすることでデータ伝送を高速に出力できた事がAFレスポンス向上に寄与した。

ポートレイトの基本の基本として「目にピントが来ているか?」なのですが、通常の撮影において α7IIIではそれを気にする必要はもうありません!

今後ポートレイトをガンガン撮る皆さんにとって必須機能となるでしょう

電池持ちが向上

α7IIのバッテリーは「NP-FW50」
α7IIIでは「NP-FZ100」というバッテリーが採用されました。

NP-FW50
2010年に発売された。α6000シリーズなどに搭載された。
電圧:7.2V
容量:min. 7.3Wh(1020mAh)
大きさ:約 幅31.8×高さ18.5×奥行45mm
質量:約42g

NP-FZ100
2017年に発売された。Sony α9、α7RIII、α7IIIなどに対応しています。
電圧:7.2V
電力容量:16.4Wh(2,280mAh
大きさ:約 幅38.7×高さ22.7×奥行51.7mm
質量:約83g

α7IIIはNP-FZ100のおかげで劇的にバッテリー持ちがよくなりました。
個人的な実感として、α7IIIはα7IIの2倍以上バッテリーが持ちます。

動画性能 4K

個人的には動画に関してあまり興味が無いのですが、動画性能も向上しています

α7 II:フルHD(1920×1080) 60pまで
α7 III:4K(3840×2160) 30pの撮影に対応
また ここまで必要か?よくわかりませんが、全画素読み出しで6K動画からオーバーサンプリング出力する高解像力の4K/24pがも撮影可能となってます(使うかな??)

それと フルHDで120fpsのスローモーション動画にも対応してるのが遊べるポイントでもあります。

スペック比較

製品名 ソニー α7 III ILCE-7M3 ソニー α7 II ILCE-7M2
発売日 2018年03月23日 2014年12月05日
初値 184,559円 223,295円
センサー フルサイズ(35.6×23.8mm Exmor R CMOS) フルサイズ(35.8×23.9mm Exmor CMOS)
ゴミ取り機能
画像処理エンジン 新世代のBIONZ X、フロントエンドLSI BIONZ X、フロントエンドLSI
画素数 総画素:2530万画素、有効画素:2420万画素 総画素:2470万画素、有効画素:2430万画素
最大記憶画素数 6000x4000px
ISO 100-51200 100-25600
拡張ISO 50-204800 50-25600
連写 10コマ/秒 5コマ/秒
連続撮影可能コマ数 RAW:89コマ、JPEG(スタンダードL):177コマ、RAW&JPG:79コマ RAW:30コマ、JPEG(スタンダードL):200コマ、RAW&JPG:27コマ
AF方式 ファストハイブリッドAF(像面位相差AF、コントラストAF)
測距点 693点(位相差検出方式)、APS-C時:299点(位相差検出方式)、425点(コントラスト検出方式) 117点(位相差検出方式)、APS-C時:99点(位相差検出方式)、25点(コントラスト検出方式)
測距輝度範囲 EV-3~20 EV-1~20
ファインダー 電子ビューファインダー XGA OLED Tru-Finder 電子ビューファインダー XGA OLED Tru-Finder
モニター 3インチ (92.16万ドット、RGB配列) 3インチ (122.8万ドット、WhiteMagicディスプレイ:RGBW配列)
シャッタースピード 1/8000-30秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッター
バルブ撮影
セルフタイマー 2、5、10秒 2、10秒
撮影枚数 ファインダー時:610枚、ライブビュー時:710枚 ファインダー時:約270枚、ライブビュー時:約350枚
RAW ○(14bit、非圧縮対応)
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画 4K(3840×2160) 30p、4K HDR、フルHD(1920×1080) 60p フルHD(1920×1080) 60p
ハイフレームレート 120fps(1920×1080)
ファイル形式 XAVC S、AVCHD XAVC S、AVCHD、MP4
映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式 XAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載 XAVC S:LPCM 2ch、AVCHD:Dolby Digital (AC-3) 2ch、ドルビーデジタルステレオクリエーター搭載、MP4:MPEG-4 AAC-LC 2ch
Log S-Log2、S-Log3 S-Log2
高ビットレート 100Mbps 50Mbps
プロキシー動画 4K動画と同時記録
手ぶれ補正 5.0段分 4.5段分
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様 配慮した設計
可動式モニター チルト(下41度、上107度)
pictbridge
水準器
タッチパネル
顔認識 ○(性能向上した瞳AFにも対応) ○(瞳AFにも対応)
パノラマ
拡張フレキシブルスポット ○(ピントが外れた場合に周辺8点に自動で切り替わり)
AF-A(AF制御自動切り換え)モード
マイメニュー ○(メニュー項目を最大30個までカスタマイズ登録)
押す間カスタム設定呼出 ○(撮影後の設定をカスタムキー登録して一時的に呼び出す)
英語対応 ○(予想)
Wi-Fi
NFC
GPS
Bluetooth
USB充電/給電 充電は対応
フリッカーレス撮影
AWB(オートホワイトバランス)時の優先設定 標準/雰囲気優先/ホワイト優先
メモリーカード デュアルSDスロット(SDXC UHS-IIx1、SDXC UHS-Ix1)、メモリースティックも使用可能 シングルSDスロット(SDXC UHS-I)、メモリースティックも使用可能
126.9mm
高さ 95.6mm 95.7mm
奥行き 62.7mm 59.7mm
重さ 565g 556g
総重量 650g 599g
バッテリー NP-FZ100 NP-FW50
インターフェイス USB Type-C、マイクロUSB、HDMI(マイクロ/タイプD) マイクロUSB、HDMI(マイクロ/タイプD)

α7IIIの欠点!

上記の様に ソニーα7IIIは素晴らしいミラーレスカメラです、軽量・小型のボディにソニーのミラーレス技術が価格以上に詰め込まれています。
しかし それでも欠点はあります。

背面モニターの機能が微妙!?

ソニーα7R3には背面モニターにタッチ機能が搭載されています。
しかし、、使える機能はオートフォーカスポイントを指定するだけ時のみに利用でき、タッチ操作ではシャッターを切ることはできない

以下 ヘルプガイド
https://helpguide.sony.net/ilc/1710/v1/ja/contents/TP0001661919.html
より引用

静止画撮影時にピントを合わせたい位置を指定する

モニターにタッチして希望の場所にピントを合わせます。

  1. [フォーカスエリア][フレキシブルスポット]または[拡張フレキシブルスポット]以外にする。
  2. MENU撮影設定1)→[中央ボタン押しロックオンAF][切]を選ぶ。
  3. モニターにタッチする。
    • モニター撮影時は、ピントを合わせたい被写体にタッチします。
    • ファインダー撮影時は、ファインダーをのぞきながらモニターをタッチしてドラッグすると、ピント合わせの位置を移動できます。

    • シャッターボタンを半押しすると枠内にピントが合います。撮影するにはそのままシャッターボタンを押し込んでください。
    • タッチ操作によるピント合わせを解除するには、モニター撮影時は、をタッチするか、またはコントロールホイールの中央を押してください。ファインダー撮影時は、コントロールホイールの中央を押してください。

できれば タッチフォーカスだけでは無く タッチシャッターにも対応すると更によさげです

あと気になるポイントは、
ファインダーを覗いた際にタッチパネルに鼻が当たり、フォーカスポイントが意識せず移動してしまう事がある。

充電器が同梱されていない!

α7IIでもそうでしたがα7IIIにも、充電器が同梱されていません
充電は本体にケーブルをつなげて行うことになります。これが色々と不便ですね、、
(α7IIに比べて断然にバッテーリー持ちは向上してます)
でも 念のために予備電池1つと充電器を追加で購入するユーザーさんもいると思います

ボディーが小さい

これは利点でもあるのですが、カメラ男子(おっさん)にしては 本体が小さめな事
そう、、小指が余るんですよね。
これも慣れてしまえば気にならないのだろうけど、、

以下 難癖気味のクレーム(笑)

デュアルスロットの表示が変!

SDカードの挿入口、上がSLOT2で下がSLOT1なんですよね、、普通の感覚では逆じゃないですか?

ストラップが安っぽい
α7IIと比べてなんだか安っぽいストラップ(コストカットしすぎか?)。

まぁ色々と書いたが 欠点はこれくらいかな??
総じてコスパの良いカメラである事に変わりはないけど ソニーさんできれば対応宜しくお願いします!

楽天で ソニー α7III ボディ [ILCE-7M3]を見る

スポンサーリンク