経済評論家 佐藤治彦氏 無能を露呈。ツイ消して更に恥をかく(笑)【煽って消す いつものパターン?】


どうして 反安倍の人々は頭が悪いのか?

TBSの動画ニュースサイト TBS NEWS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3181815.html

沖縄県などによりますと、11日午後5時15分ごろ、東村高江で普天間基地所属のCH53Eヘリコプターが不時着し、その後、炎上しました。アメリカ軍は訓練で飛行中に機体から出火したため緊急着陸したと説明しています。現場はアメリカ軍北部訓練場の区域外で、これまでにけが人の情報は入っていません

経済評論家 佐藤治彦氏が「不時着」」という表現にいちゃもんをつける
そして 訂正・謝罪なく消す(笑)

墜落と不時着の定義

墜落:制御不能状態で、航空機が地上へ落下する事の総称。
不時着:機体トラブルはあったも”空港やそれ以外”の場所に緊急着陸する事。墜落に比べると衝撃をコントロールできているため、生存率は高い。
安倍政権とまったく無関係(笑)
スポンサーリンク

佐藤 治彦(さとう はるひこ)

日本の経済評論家、コメンテーター、劇作家、演出家、俳優。日本ペンクラブ会員。
東京大学社会情報研究所教育部修了。趣味は音楽鑑賞、海外旅行。

佐藤 治彦氏 何を言っているのか 意味不明な”たとえ話”

佐藤治彦「もうすぐ徴兵だ。大金持ちの息子でない若い日本男子よ、死ぬ覚悟をしておけ。」

2014年のツイートです もちろん削除済(笑)
https://twitter.com/SatoHaruhiko/status/484073510730354688

佐藤治彦 徴兵制 デマ 削除
戦後は昨日で終わった。今日からは戦前。若い日本男子よ、国のために死ぬ覚悟はできているか。もうすぐ徴兵だ。徴兵が嫌なら、国に何千万円も納税しなくてはいけない。確か明治時代はそうだった。ということで訂正。大金持ちの息子でない日本男子よ、死ぬ覚悟をしておけ。いま40歳以上は大丈夫。

スポンサーリンク