【山下泰裕】朝日新聞がまたも印象操作?柔道ネタで安倍総理批判【モハメド・ラシュワン】

(天声人語)首相、年内解散を検討
2017年9月18日
http://digital.asahi.com/articles/DA3S13138736.html?_requesturl=articles/DA3S13138736.html

 1984年のロス五輪で柔道の山下泰裕は、肉離れした右足を引きずりながら、決勝に臨んだ。対戦したエジプトのラシュワンは、こんな作戦を授けられていたという。最初の1分間は技をかけずに山下を焦らせる。そして右足を攻める

しかし試合が始まると、彼は作戦を無視した。真っ向から勝負を挑み、山下に敗れた。国際フェアプレー賞を受けたラシュワンは後に語っている。「尊敬する山下の弱点を攻めるのはいやだった」

政治にフェアプレーを求めるのは、お門違いかもしれない。それにしてもこれが単に、相手が弱っている時を選んでの攻めであるなら、しらけてしまう。安倍晋三首相が衆院を解散する検討に入ったそうだ
(以下略)

モハメド・ラシュワン wikiより

決勝では山下が負傷していた右足を攻めなかったことが話題となり、1984年の国際フェアプレー賞を受賞した。
後日、山下はラシュワンが「ケガした右足を気遣って、全く右の技をかけなかったというのは事実ではない」と語っている。
ラシュワンが最初の攻撃で右足を狙ったが、山下が普段と逆の左足を軸にして返しに行き、そのまま抑え込みに入って一本勝ちとなった。しかし、山下はこれについて「ラシュワンは決して、卑怯な手段を使っていないし、そもそも、ケガしたところを狙うのは立派な戦略である。」と語っている。また、山下が表彰台に上がろうとした時にラシュワンは手を貸している

国際フェアプレー賞もらってますから、、嘘なのか朝日新聞の知識不足なのか? どちらとも言えないけど 
まぁ印象操作の一種でしょうね?

真実は動画参照してください
いきなり 山下の右足を強引に刈りに行ってますよね?
その後 ラシュワンは 体落? を山下に返されて 横四方固めで1本! (笑)

>1984年のロス五輪で柔道の山下泰裕は、肉離れした右足を引きずりながら、決勝に臨んだ。

朝日の喩えにのるなら、、
肉離れの山下選手が野党で 自民党がラシュワン選手って事かな??
柔道界で「山下の前に山下無し 山下の後に山下無し」の山下選手が不甲斐ない野党に喩えるとは 失礼な喩えですね(呆)

スポンサーリンク