【広角大口径】Eマウント SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary【唯一無二】

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、ソニーEマウントのAPS-Cミラーレスカメラ用交換レンズとしては初めて35mm版換算で24mm F1.4相当

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは
ソニーEマウントのAPS-Cミラーレスカメラ用交換レンズとしては初めて35mm判換算で24mm F1.4相当(マイクロフォーサーズ用としては、35mm判換算で32mm F1.4相当)を実現。
ミラーレスカメラユーザー待望の大口径広角レンズ。

フルサイズ一眼レフカメラ用交換レンズに匹敵する贅沢なレンズ構成に、特殊ガラスを多数採用。最新の光学設計技術を駆使しつつ、カメラ内収差補正機能にも完全対応。
諸収差を抑え、絞り開放から高い解像度を実現
動画AFに適した光学設計とステッピングモーターの採用により、オートフォーカスによる自然なフォーカスワークが可能。マウント部のシーリングなど、簡易防塵防滴機構も備えている。

24mm相当でF1.4というだけでも面白いが、開放で実に繊細な描写であり、写り込む範囲のわりには大きなボケが伴う。
by 中村 航

仕様

基本仕様
対応マウント α Eマウント系 フォーカス AF
レンズタイプ 単焦点 詳細レンズタイプ 高性能大口径広角レンズ
フルサイズ対応 レンズ構成 13群16枚
絞り羽根枚数 9 枚 焦点距離 16 mm
最短撮影距離 0.25 m 最大撮影倍率 1:9.9 倍
開放F値 F1.4 画角(35mm換算)
手ブレ補正機構 3D撮影
撮影タイプ
フィッシュアイ マクロ
アオリ撮影 望遠
高倍率 広角
ミラー
形状
パンケーキ 大口径
サイズ・重量
最大径x長さ 72.2×92.3 mm 重量 405 g
フィルター径 67 mm
製品名について
DC:APS-Cサイズ相当のイメージサークルに合わせて設計したレンズ、フルサイズ使用でケラレ有り
DN:さらに、ショートフランジバックを採用したカメラに最適な設計を行ったレンズ

ショートフランジバックカメラ≒ミラーレスの事

スポンサーリンク

SIGMA 16mm F1.4 DC DN のライバルレンズ 比較

まさに唯一無二なんで 比較できそうなレンズが無いのですが、、
しいて あげれば

E16mm F2.8 SEL16F28
薄さ22.5mmの薄型広角レンズ(最短撮影距離:0.24m)
価格帯:¥22,291~¥32,160

基本仕様
対応マウント α Eマウント系 フォーカス AF/MF
レンズタイプ 単焦点 詳細レンズタイプ 単焦点
フルサイズ対応 レンズ構成 5群5枚
絞り羽根枚数 7 枚 焦点距離 16 mm
最短撮影距離 0.24 m 最大撮影倍率 0.078 倍
開放F値 F2.8 画角(35mm換算) 83 度
手ブレ補正機構 3D撮影
撮影タイプ
フィッシュアイ マクロ
アオリ撮影 望遠
高倍率 広角
ミラー
形状
パンケーキ  大口径
サイズ・重量
最大径x長さ 62×22.5 mm 重量 67 g
フィルター径 49 mm

SAMYANG  16mm F2.0 ED AS UMC CS [ソニーE用]
価格帯:¥42,454~¥49,680

基本仕様
対応マウント α Eマウント系 フォーカス MF
レンズタイプ 単焦点 詳細レンズタイプ 広角手動焦点レンズ
フルサイズ対応 レンズ構成 11群13枚
絞り羽根枚数 8 枚 焦点距離 16 mm
最短撮影距離 0.2 m 最大撮影倍率
開放F値 F2 画角(35mm換算)
手ブレ補正機構 3D撮影
撮影タイプ
フィッシュアイ マクロ
アオリ撮影 望遠
高倍率 広角
ミラー
形状
パンケーキ 大口径
サイズ・重量
最大径x長さ 83×115.4 mm 重量 615 g
フィルター径 77 mm

真のライバルは 同じシグマの 30mm F1.4 DC DN かもしれない
価格帯:¥30,700~¥39,880

基本仕様
対応マウント α Eマウント系 フォーカス AF
レンズタイプ 単焦点 詳細レンズタイプ 大口径標準レンズ
フルサイズ対応 レンズ構成 7群9枚
絞り羽根枚数 9 枚 焦点距離 30 mm
最短撮影距離 0.3 m 最大撮影倍率 1:7 倍
開放F値 F1.4 画角(35mm換算)
手ブレ補正機構 3D撮影
撮影タイプ
フィッシュアイ マクロ
アオリ撮影 望遠
高倍率 広角
ミラー
形状
パンケーキ 大口径
サイズ・重量
最大径x長さ 64.8×73.3 mm 重量 265 g
フィルター径 52 mm

ところで
SIGMA DN Series Read Map
によると 中望遠の大口径レンズが発売される予定のようです

スポンサーリンク