カミカゼじゃあのwww  書籍「売国議員」を語る!

カミカゼ @mynamekamikaze

さて、いよいよ明日俺の書籍「売国議員」が世に出るわけだが、ここで一つ俺は表明したい
この国は戦後戦争をしてこなかったのは「米国の武力」が背景にあったからだ
憲法9条の力なんかじゃあない
確かに、戦後GHQがごり押しして作ったような憲法だが、変えてこなかったのは俺たち日本人の責任だ
—–
冷戦期はそれでもよかったかもしれない
しかし現在はどうだろう?北朝鮮は日本を核ミサイルで恫喝し、中国は尖閣諸島と沖縄を狙っているし、ロシアは未だに北方4島を返還していないしミサイルを我が国に向けたまま、韓国は反日を繰り返す程度の低さ
それに米国だっていつまでも絶対ではない
—-
俺は武力戦争は基本的には反対だ
なぜならば日本の人材と資源を著しく浪費する可能性があるから
だが今の世界情勢を鑑みればどうだろう?
自分たちの国は自分たちで守り、自分たちの力が足りなければ少なくとも、仮想敵国に負けない程度の国際的な枠組みをもつべきだろ?
それには足りないものがある
——
米国ではスパイ活動法
中国では中華人民共和国反間諜法(反スパイ法)
英国では公務秘密法
韓国でさえ保安観察法があるが、日本にはないんだ
スパイ行為や仮想敵国の利敵行為を「取り締まる」法律が

現状、窃盗罪だとか詐欺罪などの取り締まり、情報保全で言うと公務員向けの機密保護法くらいしかない
——
かつて自民党は以前スパイ防止法案を出すも、自民党以外の政党からの強固な反対にあって頓挫した
よく日本の公安は情報をとるだけで何もしないと言われるが、
ねんだだものこの国に「スパイ行為、利敵行為を取り締まる法律」が
今回の「売国議員」が一度は頓挫したスパイ取締法につながることを祈る
———
さて、俺の本「売国議員」だが、発売前にもかかわらず重版通り越して第3刷まで進んだという
出版社の皆様、支援してくださった皆様方、協力してくれた方々、この場で名前は出せないが力添えをしていただいた方へ感謝御礼を申し上げる
自信をもって世に出せるいい本だと思う
——
そしてこの「売国議員
はっきりいって、まえがきからすでにぶっとんでる
ヨシフ大先生がまえがきでもよかったんだが、俺の手法を皆に伝授する意味で、「あるところ」をまずみんなで携帯やパソコンで探せるようにしている
まあ見てみなよwまえがきから爆笑するからwww

商品の説明
内容紹介
みんな金をもらっていた!
不適切なところから……。

辻元清美、枝野幸男、菅直人、玉木雄一郎、福島みずほ、
前原誠司、岡田克也ら、
民主党政権時代から受け継ぐ売国ぶりを暴く!

第1章 辻元清美
第2章 枝野幸男
第3章 菅直人
第4章 福島みずほ
第5章 蓮舫
第6章 玉木雄一郎
第7章 有田芳生
第8章 前原誠司
第9章 野田佳彦
第10章 岡田克也
第11章 売国アラカルト
    民主党と北朝鮮
    民主党と中国
    民主党と極左暴力集団
    日本共産党

スポンサーリンク