2月15日発売 フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4 ソニーEマウント

Eマウント版「NOKTON classic 35mm F1.4」

Eマウント版「NOKTON classic 35mm F1.4」

NOKTON classic 35mm F1.4 は、
2008年にレンジファインダーカメラ用のVMマウント(ライカMマウント互換)で登場した同名レンズの、ソニーのイメージセンサーに向けて光学設計を最適化Eマウント版ですね
Eマウント版はソニーEマウントカメラと通信するための電子接点を備えており、レンズ情報をExifデータに付与したり、対応カメラボディでは5軸ボディ内手ブレ補正も利用可能。最短撮影距離も30cmと、距離計連動のVMマウント版より短くしている。

スポンサーリンク

NOKTON classic 35mm F1.4 ソニーEマウント 概要

主な特長

電子接点搭載で、撮影データのExif情報にレンズの使用状況が反映されます。また、距離エンコーダーを内蔵しているのでカメラボディ側の5軸手ブレ補正に対応。
フォーカスリングの操作による拡大表示なども可能です。

対称形のレンズ構成
伝統的な対称形のレンズ構成を採用しながら最新の光学技術で再構築。
コンパクトなサイズで大口径を実現しています。

最適化された光学設計
フルサイズのイメージサークルを確保
クラシックレンズを想起させるやわらかで繊細な描写を、安定した画質で楽しめます。

確実なピント合わせが可能なマニュアルフォーカス
高い精度で加工・調整された総金属製ヘリコイドユニットで、微妙なピント調整を可能にしています。

絞り開放付近の描写ばかりが話題になりがちなNOKTONだが、絞っても優しい描写をする点がもっと高く評価されていいと思う。

しかも35mmは、寄れば標準、引けば広角の万能な画角だ。
愛用するライカ ズミルックス35mm F1.4、カールツァイス ディスタゴン35mm F1.4とも違う個性があって、私ならこれ1本で旅に行ける。

安達ロベルト×NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/nokton/1100825.html

作例

新しいウィンドウが開きます
No1 No2 No3

基本仕様

基本仕様
対応マウントα Eマウント系フォーカス MF
レンズタイプ単焦点詳細レンズタイプ大口径広角レンズ
フルサイズ対応レンズ構成6群8枚
絞り羽根枚数10 枚焦点距離35 mm
最短撮影距離0.3 m最大撮影倍率1:6.3 倍
開放F値F1.4画角(35mm換算)63 度
手ブレ補正機構3D撮影
撮影タイプ
フィッシュアイマクロ
アオリ撮影望遠
高倍率広角
ミラー
形状
パンケーキ大口径
サイズ・重量
最大径x長さ67×39.6 mm重量262 g
フィルター径58 mm

実売 最安値予想
最安価格(税込):7万5千円程度

スポンサーリンク