【誤報訂正】産経新聞 沖縄米兵の救出報道 おわびと削除【朝日 毎日 琉球新報 沖縄タイムス】

産経
2018.2.8 08:00
沖縄米兵の救出報道 おわびと削除
http://www.sankei.com/affairs/news/180208/afr1802080005-n1.html

2月9日に配信した「危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員 元米軍属判決の陰で勇敢な行動スルー」の記事中にある「日本人を救助した」は確認できませんでした。現在、米海兵隊は「目撃者によると、事故に巻き込まれた人のために何ができるか確認しようとして車にはねられた。実際に救出活動を行ったかは確認できなかった」と説明しています。

 記事は取材が不十分であり削除します。記事中、琉球新報、沖縄タイムスの報道姿勢に対する批判に行き過ぎた表現がありました。両社と読者の皆さまにおわびします。

 ◆検証 「危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員 元米軍属判決の陰で勇敢な行動スルー」報道

 本紙は、昨年12月1日に沖縄県沖縄市で発生した車6台の多重事故に関する自社報道の内容を検証した。事故ではねられて一時意識不明の重体となった在沖米海兵隊のヘクター・トルヒーヨ曹長について「横転した車両から50代の日本人男性を脱出させた」と報じたが、再取材の結果、トルヒーヨ氏が日本人男性を直接救助した事実は確認されなかった。

(略)
◆乾正人産経新聞社執行役員東京編集局長

 昨年12月1日に沖縄県沖縄市で発生した車6台の多重事故をめぐる本紙とインターネットサイト「産経ニュース」の報道を検証した結果、米海兵隊への取材は行ったものの沖縄県警への取材を怠るなど事実関係の確認作業が不十分であったことが判明しました。さらに、記事中に琉球新報、沖縄タイムスに対する行き過ぎた表現があったにもかかわらず、社内で十分なチェックを受けずに産経ニュースに配信、掲載されました。

 こうした事態を真摯(しんし)に受け止め、再発防止のため記者教育をさらに徹底するとともに、出稿体制を見直し、記事の信頼性向上に努めていく所存です。

 事故にあわれた関係者、琉球新報、沖縄タイムス、読者のみなさまに深くおわびします。

追記)

産経、那覇支局長を出勤停止処分 「沖縄紙は黙殺」報道
2018年2月17日
https://www.asahi.com/articles/ASL2K4H8HL2KUTIL00Q.html

産経新聞が昨年12月に「日本人救った米兵 沖縄2紙は黙殺」と報じ、その記事などを削除しておわびした問題で、同社は記事を書いた那覇支局長を出勤停止1カ月とした。15日に処分を決め、那覇支局長は16日付で編集局付になった。

新聞社が誤報でここまで真摯に訂正した事は珍しい
あの朝日が 慰安婦問題で訂正したのは 20年以上たってからだしね、、。
この産経の誤報謝罪は、ある意味で他紙(主に朝日や琉球新報や沖縄タイムス)へのプレッシャーになるだろう!


それにしても このツイートは誤報を全く反省していないね

裁判所の判断は「(捏造した)記事内容は ”国内外に住む62人”へ(直接的な)名誉棄損ではない」という内容
朝日の慰安婦捏造記事が正当化されたわけではないよね

スポンサーリンク