2月19日 沖縄限定 カルビーポテトチップス「中味汁」発売 [ご当地ポテトチップス]

沖縄の「中味汁」ポテチに カルビーが限定販売
2018年2月6日
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-659867.html

カルビーの伊藤秀二社長が5日、沖縄県庁に富川盛武副知事を訪ね、沖縄のご当地ポテトチップスとして開発した「中味汁味」を贈呈した。19日から九州・沖縄地域のスーパー、コンビニで数量限定で販売する。
かつおだしの味わいをベースに豚モツの風味とショウガを加え、沖縄のお祝い事に欠かせない中味汁の味を再現した。パッケージは琉球紅型柄や沖縄観光PR大使・花笠マハエのキャラクターを取り入れ、沖縄らしさを演出している。

製菓会社カルビーは沖縄の名物料理の味を再現したポテトチップスを期間限定で発売します。その味とは…?
RBCニュース

 カルビーは47都道府県のご当地ポテトチップス企画を展開していて、5日、伊藤社長が沖縄の味として「中味汁味」を商品化したことを報告しました。
 沖縄県庁の職員がパッケージ製作や試食で協力し、にんじんしりしり味やアンダンスー味などの中から県民にとって親近感のある中味汁味に決定したということです。
 カツオだしの味わいに豚モツの風味を加え、中味汁の味を再現。
 ふんわりと生姜の香りも感じられ、上品な味に仕上がっています。
 期間限定で発売されるポテトチップス「中味汁味」は、今月19日から県内のスーパーやコンビニをはじめ、九州各県でも販売されます。

スポンサーリンク

中味汁 中身汁とは

中身汁あるいは中味汁(なかみじる)は、沖縄県の郷土料理の一つ。

「中身」とは豚の内臓を指す。
つまり中身汁はモツの汁物で、特に小腸や胃を具にした吸物である。
具になる内臓の風味はほとんど除かれており、どちらかと言えば鰹節出汁のスープで煮込まれたモツの歯ごたえや食感を楽しむものである。

作り方
中身は短冊状に切り、何度も茹でこぼし、塩を振って揉み洗いすることで臭みを取る。
鰹節で出汁を取り、下ごしらえをした中身と、豚肉、椎茸、コンニャクなどを入れて味を調え、あっさりとしたすまし汁に仕立てる。
食べる際、好みにより下ろし生姜や小口切りにした青ネギを加える。
引用・抜粋 wiki 中身汁

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク