朝日新聞「慰安婦に関する裁判に勝訴した」どや顔w しかし 誤報を正当化した判決じゃない 笑)

反日新聞

http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-1311.html


朝日新聞公式アカウントが勝利宣言したツイート


でもね、、
この裁判で争われたのは、従軍慰安婦の強制連行があったとする朝日新聞の記事が事実であったか虚偽・捏造だったのかではない

よって、
裁判で司法が認めたのは、従軍慰安婦の強制連行が実際にあったか無かったかではない「朝日新聞の記事が原告62人の名誉を毀損したか否か」だけである

 

慰安婦報道巡る名誉毀損訴訟、二審も朝日新聞社勝訴判決 東京高裁
2018年2月9日
https://www.asahi.com/articles/DA3S13351620.html

朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられたなどとして、国内外に住む62人が朝日新聞社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。
(略)
高裁判決はまず、一審判決を踏襲し、「記事の対象は旧日本軍や政府で、原告らではない」として名誉毀損(きそん)の成立を否定した。

従軍慰安婦報道 朝日新聞の謝罪広告、2審も認めず
毎日新聞
018年2月8日
https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00m/040/090000c

朝日新聞の従軍慰安婦報道で日本人に対する誤った国際世論が形成され、屈辱を受けたとして、米国在住者を含む62人が朝日新聞社に対し、米紙ニューヨーク・タイムズなどに謝罪広告を掲載するよう求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8日、請求を全て退けた1審・東京地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。
阿部潤裁判長は「報道は旧日本軍や大日本帝国に関するもの。記事の掲載によって原告の名誉が傷つけられたとは言えない」と指摘した。
(以下略)

逆説的に 旧日本軍や政府の名誉は既存されたともいえるよね、、

 

 

朝日新聞慰安婦報道に関わる裁判での裁判長発言
脇博人裁判長

「報道によって政府に批判的な評価が生じたとしても、そのことで国民一人一人に保障されている憲法13条の人格権が侵害されるとすることには、飛躍がある」
掲載から20年以上過ぎており、仮に損害賠償の請求権が発生したとしてもすでに消滅している

野山裁判長

1つの報道機関が真実に反する報道を繰り返したとしても、国民は別の報道機関の報道に触れられるため、知る権利が根底から脅かされることはない

村田裁判長

「仮に日本政府が記事で国際的非難を受けた事実があったとしても、原告ら個々人の社会的評価が低下すると認めることはできない」

これらの判決のおかげで、
日本の新聞は嘘を書いてもOK!となりました
嘘を見抜く力がない読者は 新聞も読めなくなりました
これは怖い。

スポンサーリンク