【コロコロコミック】小学館がまたやらかす! チンギス・ハン/安倍総理【小学8年生】

スポンサーリンク

コロコロコミックでチンギス・ハンをいじる

コロコロ漫画にモンゴル大使館が抗議文 チンギス・ハンの顔に落書き…「非礼な行為」「非常に残念」
2018/2/23
引用 https://www.j-cast.com/2018/02/23321978.html

小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)に掲載された漫画「やりすぎ!!!イタズラくん」のワンシーンが物議を醸している。漫画のキャラクターが、モンゴルの英雄チンギス・ハンの肖像に男性器の落書きをする場面があるのだ。

モンゴル出身で大相撲の元横綱・朝青龍氏(37)は18年2月22日、ツイッターで問題の漫画を紹介すると共に「許せない!!謝れ!!」などと訴えた。さらに駐日モンゴル大使館も23日昼、フェイスブック上に抗議文を掲載した。
(略)
今回のコロコロコミックをめぐる問題について、駐日モンゴル大使館は23日昼に公式フェイスブック上に、公使参事官の署名入りで抗議文を掲載した。その全文は次の通り。

「月刊コロコロコミック(3月号)で、モンゴル国の歴史と文化だけではなく、日本の政府、国民のモンゴルとの友好関係を強化し続けたいという意志までも見下すような内容の、道徳性の欠如したイラストが掲載されました。

これは単なる非道徳的な行為だけではなく、わいせつ物頒布、児童の権利の保護に関する日本の法律にも違反していると考えています。

したがって、このような非礼な行為を非常に残念に思い日本外務省に抗議の意を示すとともに、この件に関して法律の下での適切な対応をしていただけることを期待しています」(原文はモンゴル語。翻訳・バークレーハウス語学センター)

一方、小学館広報室の担当者は23日昼、J-CASTニュースの取材に対し「現時点では、対応を協議中です」とだけ話した。

コロコロコミック チンギス・ハン

https://www.j-cast.com/2018/02/23321978.html 

小学8年生で安倍晋三総理をいじる

漫画で読む人物伝、安倍晋三

同誌第4号の当コーナーで安倍晋三内閣総理大臣を題材にした漫画を掲載したところ、漫画の内容がネット上で物議を醸した。
漫画では、2007年の総理辞任を「かいよう性大腸炎という難病」と説明しているものの、「じつはおなかがイタくて…」という、ただの腹痛を連想させるような台詞も載せている。
そのほかにも、森友学園問題や加計学園問題など、最近話題になった政治スキャンダルをギャグ調(安倍に対して否定的な目線)で描写している。
一応欄外には、事実に基づき漫画調に脚色している旨が記載されているが、ネット上では、「悪いイメージだけ煽るような描写は教育に良くない」「難病揶揄は子供向けには致命的」といった指摘が多数あがり、炎上騒動となった。

これに対し、発行元の小学館はTwitterで、「第4号は、9月14日に編集作業を終えた。解散の報道がなされ始めたのが9月18日ごろからであり、漫画の内容に関しては、今回の衆議院議員選挙とは何ら関係がない」としている。
また、潰瘍性大腸炎については、「難病に苦しまれている方を揶揄するような表現は一切していない。2007年当時、安倍首相が総辞職した一因に、ご自分の病気があったことを告白したことを、あくまで事実として紹介したもの」と釈明した。

なお、漫画を掲載した藤波本人は今のところ今回の件について言及していない。藤波自身は、同コーナーでアメリカのドナルド・トランプ大統領を題材にしたり、当時の鳩山由紀夫総理や小泉純一郎総理を基にした漫画(例:小泉家のおやじ)を掲載するなど、以前から政治ネタの漫画の執筆も行なっていた。

引用 抜粋 wiki 藤波俊彦

****@***
この作品を読んだだけだと、潰瘍性大腸炎はただの腹痛を難しい表現にしているレベルですよね
それで、ズル休みしてる!みたいな印象を与えてるように思います

***@*****
教育雑誌を利用して政治を歪めようとする印象操作。大人ではもう無理だから子供を狙えですか。真実というが作者の切り口は反安倍でしょう。もう教育雑誌とは言えなくなりますね。赤旗ですか?

小学館とは?

株式会社小学館(しょうがくかん)は、東京都千代田区にある日本の総合出版社。
系列会社グループの通称「一ツ橋グループ」の中核的存在である。

一ツ橋グループは、日本の大手出版社である小学館と集英社を中核とする企業グループである。

社名の由来は創設時に小学生向けの教育図書出版を主たる業務としていたことに起因する。特に学年別学習雑誌は長らく小学館の顔的存在として刊行され続けてきたが、「出版不況」や児童の減少と嗜好の多様化のあおりを受け、2000年代から2010年代にかけて相次いで休刊され、2017年現在、月一回発売されているのは「小学一年生」のみとなっている。1926年に娯楽図書部門を集英社として独立させたが、太平洋戦争後は娯楽図書出版に再進出し、総合出版社へ発展した。
引用 抜粋 wiki 小学館

スポンサーリンク