【ブーメラン】働き方改革 誤データの調査を概算要求したのは当時の民主党政権【裁量労働制】

数百人がデモ「毎晩、残業させるな」裁量労働拡大に反対
2018年2月26日
https://www.asahi.com/articles/ASL2T3T7BL2TULFA001.html

デモには、国会で政権を追及している立憲民主党の長妻昭代表代行も参加。
首相官邸主導、裁量労働制の拡大ありきで議論や調査が行われ、調査やデータのゆがみが出てきた。現実を直視しなければ、政策は失敗する」と力を込めた。


不備の厚労省調査 旧民主党政権が計画
2018.2.26
http://www.sankei.com/politics/news/180226/plt1802260013-n1.html

加藤勝信厚生労働相は26日の衆院予算委員会で、データの不備が相次いで見つかった厚労省の「平成25年度労働時間等総合実態調査」について、外部委託費などを24年夏に行われた25年度予算概算要求に計上していたことを明らかにした。調査が計画されたのは旧民主党政権下だったことを意味し、「調査は安倍晋三政権が裁量労働制を拡大するために実施した」との批判を否定した。

野党「安倍政権が裁量労働制を拡大するために実施した!」は嘘!!!
それにしても、まさか誤データの厚労省調査まで民主党時代の置き土産だったとは…ここぞというときの恐ろしいブーメラン発動率…

参照資料

裁量労働制適用 の満足度

小宮山 洋子(こみやま ようこ)
本姓:加藤、1948年(昭和23年)9月17日 –
元NHK解説委員・アナウンサー。 衆議院議員(4期)、厚生労働大臣(第14代)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、厚生労働副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党財務委員長、参議院議員(1期)を務めた。
元東京大学総長の加藤一郎は実父。

2012年4月、野田第1次改造内閣で内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)を兼務。
2012年12月16日投開票の第46回衆議院議員総選挙では、小選挙区で越智と4度目の対決となるが敗北、比例でも復活できず議席を失った。
2013年1月24日、自身のホームページで政界からの引退を表明し[4]、15年間の政治生活に幕を引いた。引退後は世田谷区から長野県軽井沢に移住し、小宮山洋子政策研究会代表を務める。

橋本 岳(はしもと がく)
1974年(昭和49年)2月5日 –
自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自由民主党厚生労働部会長。
厚生労働副大臣、厚生労働大臣政務官、自由民主党外交部会長などを歴任。
第82・83代内閣総理大臣橋本龍太郎の次男である

スポンサーリンク