2018年沖縄市長選挙 桑江朝千夫当選! 圧倒的勝利!【諸見里ひろみ】

沖縄市長選告示 諸見里・桑江氏が届け出 22日投開票
2018年4月16日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/237893

 任期満了に伴う沖縄市長選が15日告示され、新人で前市議の諸見里宏美氏(56)=社民、共産、社大、自由、民進、希望推薦=と現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=の2氏が立候補を届け出た。新人と現職の一騎打ちとなる。1万人アリーナ建設の是非や待機児童問題、経済振興策を争点に7日間の選挙戦に突入した。投開票は22日。

沖縄市長選2018:支持固めに総力 きょうから3日攻防
2018年4月19
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/239693

争点の一つである現市政が進める1万人アリーナ建設の是非について諸見里氏は「凍結し、検証する」と慎重な姿勢を掲げ、桑江氏は「アリーナが人を呼び込み市街地を活性化させる」と早期実現を訴えている。ほかにも桑江氏の1期4年の市政運営や両氏の待機児童問題解決策、経済振興策などが争点となっている。

両候補とも各地域で基礎票を固めているほか、街頭演説などで無党派層への票の掘り起こしを図る。
両候補を支持する各政党は秋に予定されている県知事選の前哨戦と位置付け、市長選勝利に力を注ぐ。
市選管によると、14日現在の選挙人名簿登録者数は11万171人(男性5万2496人、女性5万7675人)

沖縄市長選:残り3日、駆ける候補者 SNSも駆使
2018年4月19日
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/239773
諸見里ひろみ候補各地を巡回 票掘り起こし

諸見里陣営は市安慶田に選対本部を構え、市宮里に支部を設置。野党市議9人を中心に支持拡大を呼び掛ける。主要な十字路での手振りのほか、市議や県議らと共に各地域を回る「どぶ板選挙」を徹底する。
17日に胡屋十字路で街頭大演説会を開き、共産・社民党の国会議員らが支持を訴えた。現市政の課題や自身の政策を訴えるためSNSも駆使し、若者など幅広い層から支持を取り付けたい考えだ。議員らによる企業回りや電話作戦などでも支持獲得を図る。嘉手納基地爆音差止訴訟原告団の票固めにも奔走している。

桑江朝千夫候補 企業訪問 確実に支持固め
桑江陣営は12日の総決起大会後、政府関係者が続々と沖縄入りしている。15日の告示後には自民党の石破茂元幹事長が胡屋十字路で演説し支援を呼び掛けた。
20日には小泉進次郎衆院議員も演説する予定で、無党派層の票獲得を目指している。市議16人が支援し、地域回りにも力を入れているほか、桑江氏は市内各地の企業を毎朝、訪問。企業票も確実に固めている。

た、SNSを使った選挙戦も展開。動画投稿サイトで政策をPRするほかツイッターにも動向を発信し、若年層の支持の取り込みも図っている。

スポンサーリンク

1万人アリーナ両候補これまでの発言

FIBAバスケットボールワールドカップ2023

2017年12月9日
FIBAバスケットボールワールドカップ2023 予選ラウンド 沖縄開催決定のお知らせ
http://www.japanbasketball.jp/release/41168

本日12月9日(土)、スイス・ジュネーブにて開催されたFIBA(国際バスケットボール連盟)のセントラルボード(中央理事会)において、同大会予選ラウンドの沖縄開催が正式に決定いたしました。
FIBAワールドカップ(旧:FIBA世界選手権)が複数国開催で行われるのは初めてとなり、日本での開催は2006年大会以来となります。

■FIBAバスケットボールワールドカップ2023 開催概要
【開催時期】2023年9月予定
【開催国】フィリピン、日本(沖縄市)、インドネシア
【出場国数】 32か国

bリーグ 2016-17シーズン 観客動員数ランキング
レギュラーシーズンの観客数動員数 18チーム中キングスは3位!

RankTeam総観客動員数平均観客動員数試合数
1千葉ジェッツ1350434501.430
2栃木ブレックス1012273374.230
3琉球ゴールデンキングス986093287.030
4秋田ノーザンハピネッツ918593062.030
5新潟アルビレックスBB904523015.130

沖縄市にホームアリーナを持つ 琉球ゴールデンキングスの動員数はすごい!!

諸見里ひろみ 慎重派から凍結へ

「アリーナ建設の費用や財源の根拠が市議会で十分に説明されていない」と指摘 「再検討」を主張
公開討論会では「凍結する」とも踏み込んだ。
 FIBAバスケットボールワールドカップ2023 予選ラウンドは辞退するの?

桑江朝千夫 推進

「アリーナが人を呼び込み市街地を活性化させる」と強調し「本体工事は150億円を超えない範囲で整備するめどが付いている」
「総事業費は国に9割補助を求めている」を説明。

その他 立候補者の主張

諸見里宏美桑江朝千夫
選挙の争点は?「県内最悪の待機児童数、老朽化した給食センターの立て替えが後回しになっている。アリーナ建設は県外の大型ゼネコンが請け負い、地元企業が置き去りにされていないか。大型ハコモノ優先で市民の暮らしに目を向けない、現市政の在り方が問われている」「この4年間で沖縄市は大きく変わった。失業率が14・5%から7%台に改善され、税収も12億円伸びた。新しい法人も増えた。経済の流れは良くなっている。この流れを止めて逆戻りするのか、さらに前に進めるのか。それが争点だ」
重点政策は?「待機児童解消に向けた支援や市内全域を回る循環バスの整備をずっと訴え続けてきた。さらに、公立夜間中学校の設置や返済のいらない奨学金制度の創設なども引き続き訴えていく。大型ハコモノより、市民の暮らしを応援したい。働く人よし、地元企業よし、市民よしの『公契約条例』をつくり、地元で頑張る中小零細企業を守っていきたい。地域経済を底上げし、うまく循環する仕組みづくりを図っていく」「本島中部の要は沖縄市であるという意識を持たないといけない。中部の経済振興を引っ張るため、まずはアリーナ建設を着実に進める。アリーナは世界でも評価され、バスケワールドカップも誘致できた。これは市民の自信につながる。アリーナで新しいにぎわいをつくりたい。東部海浜開発事業もこれから1200万人を目指す沖縄の観光、経済に貢献できる。経済振興を東海岸で担うため、もう一度土地利用計画を考えたい。待機児童ゼロも変わらず目指していく」
選対の意見玉城デニー:選対筆頭共同代表
―当選ラインの予想は。
 「4年前の投票率が57・7%で、当選者の得票数は2万9968票だった。無党派層にできるだけ政策や公約を訴え、58~60%まで投票率を伸ばしたい。最低でも2万9千、できれば3万票以上の獲得を目指す」
花城大輔:選対本部長
―当選ラインの予想は。
 「投票率を60%と想定すると、当選ラインは3万3千票になる。3万5千票を獲得したい。市民の皆さんには、一票を無駄にすることなく、しっかりと投票してほしい。本島中部のリーダーになるべき県内第2の都市で、低い投票率の選挙をしてはいけない」

当選獲得票の目安は3万票以上か?
引用抜粋
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-703755.html

第48回衆議院議員総選挙(平成29年10月)沖縄市の結果

沖縄市選挙管理委員会
https://www.city.okinawa.okinawa.jp/organize/1024/14527

小選挙区

玉城デニー  34,179 ←オール沖縄
比嘉なつみ   22,077 ←自公推薦
金城タツロー  1,160

応援・噂など


細かい事は言いたくないが、、胡屋(ゴヤ)十字路ですね 胡坐(あぐら、こざ)ではないです。

こんな情報も

4月22日 当日
沖縄市長選2018:投票率は25.25%(午後6時現在)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/241222

任期満了に伴う沖縄市長選は、投票日の22日午後6時現在、27200人が投票した。投票率は25.25%(男性25.75%、女性24.81%)。
前回の同時刻より10.94ポイント下回っている。
当日有権者数は10万7710人(男性5万1272人、女性5万6438人)。
期日前で全体の14.04%が投票した。
投票は同日午後8時まで、市内21カ所の投票所で受け付ける。当落は午後11時半ごろに判明する見通し。

2014年 沖縄市長選挙 結果

2014年 沖縄市長選挙
※当日有権者数:101,122人 最終投票率:57.73%(前回比:-1.38ポイント)
候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
桑江朝千夫58無所属29,968票51.90%(推薦)自民党・公明党
(支持)民主党・日本維新の会・政党そうぞう
島袋芳敬64無所属27,779票48.10%(推薦)社民党・沖縄社会大衆党・日本共産党・生活の党

2014年選挙結果より
3万票あれば当選可能であり、票差は2189票 3.8%
小差である

 選挙結果

沖縄市長選挙 結果 
今日の沖縄市は雷雨でした、、そのせいか? 低いな投票率
前回4年前を10.46ポイント下回り 沖縄市長選挙として過去最低の投票率を更新(汗)。

最終投票率 47.27%

22時00分 
桑江朝千夫 当確でました

琉球新報 2018年4月22日 22:06
【沖縄市長選開票速報】桑江朝千夫氏が再選確実

沖縄タイムス 4月22日 22:11
【速報】現職の桑江氏が当選確実

22時現在の得票数
桑江朝千夫 28,000票、
諸見里宏美氏 17,500票

圧勝の予感

沖縄市長選結果(選管最終)
  桑江朝千夫 32,761票
  諸見里宏美 17,609票
  無効       541票

桑江朝千夫氏の大勝利!!

 

 

おまけ
与那原町長選挙 当確出た!
オール沖縄が推す 前副町長の照屋勉氏(55)が初当選を果たした。与那原はオール沖縄が強い地盤
仲里司(自民推薦)は敗れた。
スポンサーリンク