【社民党】 増山 麗奈が相変わらずの放射脳でTOKIO山口事件を語る

やっぱ、、放射脳は怖いよ
ついでに 社民党も怖いけど、

会見聞いたら、TOKIO山口達也容疑者。”酒を断ちたくて”入院して、入院先から仕事に通うような状況だったらしいじゃない。退院した一日後に家で昼から飲んで未成年にわいせつ行為。完全に依存症・犯罪者そのものじゃない。そんな状況にいたことを…

増山 麗奈さんの投稿 2018年4月25日(水)

増山 麗奈
4月26日 14:48 ·
会見聞いたら、TOKIO山口達也容疑者。”酒を断ちたくて”入院して、入院先から仕事に通うような状況だったらしいじゃない。退院した一日後に家で昼から飲んで未成年にわいせつ行為。
完全に依存症・犯罪者そのものじゃない。

そんな状況にいたことを2か月間黙っていたジャニーズ事務所は、危機管理甘いと思うね。

お金で黙らせると思っていたのかもしれないけれど、
これがもしばれなくてももう酒と性欲をセーブできない病人なのだから、同じことをいつか繰り返すに決まっている。
私なら2か月前事件が発覚した時に、ある程度の退職金を払って、解雇するな。

理由をアルコールとの関係をにおわせない「病気で」とか「留学で」とか言えば、会社全体のイメージダウンも最低限に抑えられただろうに。事件がもし発覚してもダメージや違約金などの支払いは減額できた。

犯罪者を当座のお金がかせげるからと影響力のあるテレビに出そうとするのは、長期ビジョンに欠ける行為だ。
組織として損切の判断ができない状況なんだ。
もうジャニーズは長くないと思う。

スマップ解散・関ジャニから一番実力者が抜ける・嵐熱愛報道 TOKIOから山口氏書類送検
もうジャニーズボロボロだ・・・。

ちなみに放射能の影響として性欲をセーブできなくなるということも言われているよね。
ベラルーシの汚染地域では、アル中になる人が後を絶たなかったとも

日本このまま夢を見てるとみんな同じ状況になるね。

過去のツイート

増山 麗奈(ますやま れな)
1976年12月25日 –
日本の画家・パフォーマー・作家・芸術家・ジャーナリスト・市民活動家・映画監督。「ロスジェネ」編集委員。
反戦アート集団「桃色ゲリラ」主宰。環境アート展「エコ@アジアニズム」キュレーター。
千葉県出身。2015年12月まで兵庫県神戸市北区に在住していたが、第24回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から立候補するために、2015年12月から東京都日野市在住。
2002年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻中退。

祖父は日本社会党富山県本部書記長などを務めた増山直太郎。
自身も社民党から参議院選挙に立候補したが、落選した。

スポンサーリンク